« 「うらしま」が全自動の潜行で世界新記録を達成 | Main | NEWS CLIP 05/03/02 »

2005.03.02

ペルーでナスカより古い地上絵を発見!

CNNより「ペルーで新たな地上絵を発掘、ナスカより古く

ペルー南部ナスカの地上絵のすぐ近くで、巨大な地上絵が新たに見つかった。海岸沿いの砂漠地帯約150平方キロの範囲に、人間やサルなど約50体が描かれている。ペルー紙エル・コメルシオが2月27日、伝えた。ユネスコの世界遺産に指定されているナスカの地上絵よりも、さらに古い時代のものだという。
ナスカの地上絵新たな地上絵が見つかったのは、首都リマの南約300kmにあるパルパ市の近く。砂漠地帯約150平方キロの範囲に人やサル、鳥、猫などが描かれているようです(写真はナスカの地上絵)。

地上絵には、紀元前600−100年ごろの織物や陶器の図柄としてよく使われ、パラカス文化にとって重要だった「目の神」が大きく描かれていたとのことで、この地上絵はナスカより古いパラカス文化時代のものと判断できるということです。

中央アンデスには今から3,000年ほど前にチャビン文化といわれる一大神殿文明が発生しています。このチャビン文化の影響を受けて起こったのがパラカス文化であり、その後さらにナスカ文化が開花しました。

ナスカの地上絵にもバラカス文化の影響は強く残されています。

ナスカの地上絵が発見されたのは1927年のことですが、それからも地上絵の作成方法は論議を呼びました。しかし現在では、地上絵の原画となった小さな絵も多数発見されており、この原画を拡大して描かれたと見てまちがいないでしょう。

パルパから南へ約20キロ離れたナスカにある地上絵は、紀元前50年から紀元600年ごろに栄えたナスカ文化のものと見られている。ナスカの地上絵は、1994年に世界遺産に指定され、年間8万人の観光客が見学に訪れている。
ナスカも一度は見に行きたいなと思ってますが。

|

« 「うらしま」が全自動の潜行で世界新記録を達成 | Main | NEWS CLIP 05/03/02 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/3136344

Listed below are links to weblogs that reference ペルーでナスカより古い地上絵を発見!:

» ナスカの地上絵&十二星座@ゴキブリの教え [プチプチ心理学♪]
「ナスカの地上絵&十二星座」のモデルはゴキブリだった!? アクティブ・イマジネーションで明らかにされた真意や如何に [Read More]

Tracked on 2005.04.09 at 02:22 AM

« 「うらしま」が全自動の潜行で世界新記録を達成 | Main | NEWS CLIP 05/03/02 »