« 過去50年間で生態系から受ける恩恵の60%が失われた! | Main | NEWS CLIP 05/03/31 »

2005.03.31

宇宙旅行目前、民間宇宙旅行のためのガイドライン作成

PCWEBより「だれもが行ける宇宙旅行に一歩前進!? - 米連邦航空局、ガイドラインを整備へ

米連邦航空局(FAA: Federal Aviation Administration)の商業宇宙輸送部門(OCST: Office of Commercial Space Transportation)は、民間の宇宙旅行サービスの実現に向けた、搭乗客の参加資格などのガイドライン草案「Draft Guidelines for Commercial Suborbital Reusable Launch Vehicle Operations with Space Flight Participants」を発表した。正式基準の策定を目指して、今後も協議が続けられる。
Shakeyこんな草案が発表されると、いよいよ宇宙旅行が現実のものになってきたんだなぁという感じですね。子どもの頃は自分の新婚旅行は月だと信じてましたが(笑)

VOLVOの懸賞でも宇宙旅行の当選者がでましたし、昨年12月にはブッシュ大統領の署名によって民間企業の宇宙旅行を許可する法案「Commercial Space Launch Amendments Act of 2004(CSLAA)」も成立しました。

このガイドラインの草案では、宇宙旅行に酸化する搭乗客には前もって「死亡事故」を含む起こりうるあらゆる危険についての説明が十分にされること。搭乗客には十分な質疑応答の時間を与えること。米政府は宇宙旅行は許可するものの安全性を保証するものではないという立場を明記することなどが示されています。

また搭乗客にも、危険を承知する書類を提出し、健康診断記録を提出、緊急事態に備えた訓練プログラムを受講することなどが課されます。

なお、宇宙船パイロットの資格などを定めたガイドライン草案「Draft Guidelines for Commercial Suborbital Reusable Launch Vehicle Operations with Flight Crew」も同時に発表されており、FAAの免許取得後に一定の操縦経験を積み、宇宙旅行で起こり得る危険に対処するための訓練プログラムをパスすることなどが、基準に盛り込まれているという。
娘(5歳)や息子(4歳)は何度か宇宙へ行くことになるんでしょうか。できれば僕も行きたい(笑)

<参考>米連邦航空局(FAA)

|

« 過去50年間で生態系から受ける恩恵の60%が失われた! | Main | NEWS CLIP 05/03/31 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/3504263

Listed below are links to weblogs that reference 宇宙旅行目前、民間宇宙旅行のためのガイドライン作成:

» 宇宙に行っている場合ではない [日経を読むと世界が読める]
 『ライブドア株 3つの懸念』 の見出し。  『12日の東京株式市場でライブドア株は3日連続安となった。 終値は前日比10円(3%)安の293円と、昨年6月の株式分割権利落ち後の安値を更新した』 というところは予測され得たこと(参考記事:動くリーマン ) なので触れない。 2点目の、ニッポン放送の下落による含み損の拡大は問題だろう。  『12日時点でニッポン放送株の含み損は90億円を超えたとみられる』 となれば、�... [Read More]

Tracked on 2005.04.13 at 08:34 AM

« 過去50年間で生態系から受ける恩恵の60%が失われた! | Main | NEWS CLIP 05/03/31 »