« NEWS CLIP 05/03/29 | Main | 2回目のスマトラ島地震を科学者たちが警告していた »

2005.03.30

ローフードでも骨粗鬆症の危険はない

Yahoo!NEWSより「ローフード主義者、骨は細いが健康=米研究」(ロイター)

米ワシントン大学医学部の研究チームは28日、ローフード(加熱処理をしない生の食品)による食事を厳守している菜食主義者は、やせているが健康であるとの調査を発表した。
野菜ローフードとは野菜やフルーツ、穀物、海藻など植物性の食物だけを生のまま一切加熱せずに食べる食事をいいます。

ベジタリアンと似ていますが、加熱せずに食べるところがベジタリアンよりさらに厳格な食生活といえます。アメリカでは一種のダイエットとしても人気をよんでいます。食物に含まれるミネラルやビタミン、酵素などが熱で破壊されずに摂取できるため体の抵抗力も養われるといわれています。

ただ乳製品なども摂取しない食生活であるため、骨粗鬆症につながる可能性も指摘されていました。

今回、研究チームは33−85歳の厳格なローフードの食事を行っている人たち18人を調査しました。彼らは骨の重量は軽かったのですが、骨粗鬆症につながる兆候は一切なかったとのことです。

また、乳製品を取らないことによるビタミンDの不足も心配されましたが、通常の食事を取っている人よりも高いビタミンDの胎内濃度であったとのことです。これはおそらくローフードを行っている人たちはビタミンDの不足を補うために意識的に日光浴をしているからではないかとの見解ですが。

研究を率いたルイジ・フォンタナ博士は、対象者の骨は細かったが、ほかに骨粗鬆症の兆候はなかったと説明。さらに、「これらの人々は、骨が脆弱になるリスクが高まっているわけではないとも考えられる。むしろ、より少ないカロリーしか摂取していないため、体重が軽く、それが骨の細さと関連している可能性がある」としている。
僕にはちょっと耐えられそうにはありませんが(笑)

|

« NEWS CLIP 05/03/29 | Main | 2回目のスマトラ島地震を科学者たちが警告していた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/3491381

Listed below are links to weblogs that reference ローフードでも骨粗鬆症の危険はない:

» FDA月一回投与の骨粗鬆症治療薬を認める [医療・美容・健康]
骨密度を増大させる作用を有する薬剤は副作用も強くなかなか頻繁には投与できないのでこれはいいですね。普段からカルシウムなど骨を丈夫にすることを心がけたいです。So-net週刊World健康ニュース月1回投与の骨粗鬆症治療薬を承認【10%引き!】こつこつ健骨改善生活紅茶...... [Read More]

Tracked on 2005.04.08 at 05:07 PM

» 穀物 [穀物とは...]
穀物穀物(こくもつ)は、植物の種子を食用とする澱粉質を主体とする食材。多くのものは主食の材料として用いられている。小麦・米・トウモロコシは世界三大穀物と呼ばれ、世界で広く利用されている。また米と麦以外の穀物は一般に雑穀とよばれている。穀物は狭義ではイ... [Read More]

Tracked on 2005.05.03 at 12:07 AM

« NEWS CLIP 05/03/29 | Main | 2回目のスマトラ島地震を科学者たちが警告していた »