« CTスキャンによりツタンカーメンの撲殺説を否定 | Main | NEWS CLIP 05/03/09 »

2005.03.09

世界最古の香水をキプロスで発見−いい香りは永遠に

娘(5歳)はどうも早熟。最近の彼女は香水が気になるようです(笑)

CNNより「世界最古? 4千年前の「香水」をキプロスで発見と

イタリアの考古学者チームは、地中海のキプロス島でこのほど、世界最古と見られる約4000年前の「香水」を発見した、と報告した。現代の香水に近い香りがする、としている。
この香水が見つかったのはキプロスの首都ニコシアの南西約90kmにある丘陵地帯。紀元前2000年頃の香水の入った壷や、銅の精錬の跡、ワイン醸造やオリーブ圧搾の跡などが発見されました。

この遺跡は香水製造の場所であったと考えられています。

発掘調査に当たっていたイタリア学術会議(CNR)文化遺跡技術研究所のマリア・ロザリア・ベルジョルノ博士らが小さな容器に入った香水の香りをかいだところ、ピノ・シルベストルの香りを思い出したとのことです。

香水の成分を分析すると、この地域で栽培されているシナモンや月桂樹、アニス、ベルガモット、ヒメツルニチソウなどが含まれていました。

業界で使用する香水分類の名称のうち、2つにフランス語でキプロス島を意味する「Chypre」が含まれており、語源はこれまで不明だったが、キプロス島で香水が作られていたことがはっきりすれば、この言葉とのつながりも分かるのではないかとしている。
香水の発祥の地はキプロスということでしょうか。

香水に関する最も古い記述では紀元前2500年頃のエジプト第5王朝期に、香炉なるものが存在していたとされています。このころにはすでに香水といえるかは分かりませんが香料のようなものは使われていたようです。ただ当時のエジプトでは,香水は生け贄の悪臭消しやミイラの殺菌などに使用されていたともいわれています。

その後、本格的な香水が登場したのはギリシャのようです。

古来から香水への関心は変わっていないようです。

|

« CTスキャンによりツタンカーメンの撲殺説を否定 | Main | NEWS CLIP 05/03/09 »

Comments

私は、ニコシア出身のキプロス人です。偶然、こちらのサイトを見て、香水のニュースを知り驚いています。今は貿易業を営んでいますが、過去10年ちょっと外交官としてキプロスをプロモートしていました。日本人の方が、キプロスに興味を持ってくださり、大変うれしく思っています。

Posted by: ソティリオス | 2005.03.26 at 01:06 AM

キプロスのように歴史のある地中海の島にはぜひ一度ゆっくりと行ってみたいと思っています。そのときはいろいろとお教え下さい。

Posted by: Fum | 2005.03.26 at 02:13 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/3227546

Listed below are links to weblogs that reference 世界最古の香水をキプロスで発見−いい香りは永遠に:

« CTスキャンによりツタンカーメンの撲殺説を否定 | Main | NEWS CLIP 05/03/09 »