« 世界最長の陸上トンネル開通−つかの間の夢ですが・・・ | Main | アイスマンの謎は続く−世界最古の殺人事件 »

2005.03.01

スーパーモデルのポージングをするマネキン

最近のマネキンは本物の人かと思うくらい精巧に出来ているものも多いですが、

ITmediaより「人が近づくとポーズを決めるマネキン型ロボット「Palette」

日本SGIは、ロボットデザイナーの松井龍哉氏が率いるフラワー・ロボティクスと共同開発したマネキン型ロボット「Palette」(パレット)の事業展開を発表した。Paletteは人感センサーを備え、人が近づくとさまざまなポーズを披露するマネキン型ロボット。
PalettePeletteと名付けられたこのマネキンロボットはモーションキャプチャーによりスーパーモデルのポージングを再現するとのこと。台座の全面3ヶ所に人感センサーが内蔵されており、Paletteの最も近くにいる人に向けて、肩、肘、首などの関節が稼働して衣服を美しく見せるようです。ポージングのデータはSDメモリーカードに収められており、それを差し替えることで変更できます。

さらに頭部にネットワーク接続されたカメラを装備し、セキュリティ機能を付加したり、頭部のカメラからの映像を分析して客層などのマーケティング・データを取得することも可能だとのこと。

マネキン型ロボットを開発した理由としては、ショーウィンドウにマネキン人形という形態は100年間変化していないため新しい変化が目立ちやすいこと、マネキンが世界共通であること、動き回るものでないので安全性を確保しやすいことなどだそうです。

発売時期と価格については未定だが、「今年中にできるだけ早く発売したい。日本だけではなく、世界市場でも発売する」(日本SGI 代表取締役社長CEO 和泉法夫氏)、「可能な限り、既存マネキンの値段に近づけたい」(日本SGI ブロードバンド・ユビキタスソリューション推進本部 新規事業推進オペレーション統括 大塚寛氏)と、日本SGIでは早期・低価格での市場投入を目指す。
マネキンは10数万円するものも多く、結構高価なので量産すれば案外と似たような価格になるかもしれませんね。

しかし、今まで以上に人と区別がつかなくなりそう。願わくばリアルな顔がつきませんように。声かけてしまいそうです(笑)

<参考>日本SGI株式会社

|

« 世界最長の陸上トンネル開通−つかの間の夢ですが・・・ | Main | アイスマンの謎は続く−世界最古の殺人事件 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/3122698

Listed below are links to weblogs that reference スーパーモデルのポージングをするマネキン:

» 人が近づくとポーズを決めるマネキン型ロボット「Palette」 [機械屋大学生日記]
人が近づくとポーズを決めるマネキン型ロボット「Palette」 日本SGIは、ロボットデザイナーの松井龍哉氏と共同開発したマネキン型ロボット「Palett... [Read More]

Tracked on 2005.03.01 at 10:40 AM

« 世界最長の陸上トンネル開通−つかの間の夢ですが・・・ | Main | アイスマンの謎は続く−世界最古の殺人事件 »