« 月の宇宙飛行士を見ることができる望遠鏡 | Main | NEWS CLIP 05/03/15 »

2005.03.15

NBAの選手の半数が肥満?−最も肥満なのはシャック・オニール

NBA、今年のマイアミヒートは圧倒的な強さです。

CNNより「NBA選手も太り過ぎ? 体格指数の判定

米プロバスケットボールNBAの選手について、肥満度を測るのに使われるBMI(体格)指数を算出すると、半数近くは「太り気味」に相当することが、AP通信の調べで分かった。米スポーツ選手のBMIをめぐっては、プロフットボールNFLの選手の半数以上で「肥満」の判定が出たとの研究が最近発表され、論議を呼んでいる。
AP通信が、NBAの選手426人について、公表されている身長と体重をもとにBMIを計算したところ太り気味に相当するBMI25をこえている選手が約半数の200人。肥満と判定されるBMI30以上の選手も4人いたとのこと。

BMIは身長を体重の2乗で割った数値で、日本では18.5−25.0が標準。25以上30未満が「肥満レベル1」、30以上、35以上、40以上がそれぞれ「肥満レベル2」、「3」、「4」となっています。一方アメリカの基準では、25ー30なら太り気味、これを超えると肥満と判定されます。

ただ、このBMIで一律に肥満を測定する方法は誤差も大きく、例えばスポーツ選手などでは筋肉が多い分、BMIが高めになり、それほど体脂肪率が高くなくてもBMI基準では肥満と判定されてしまう場合があります。逆にBMI値が低くても体脂肪率が高ければ隠れ肥満となります。

今回NBAの選手の中で最も肥満だと判定されてしまったのはなんとマイアミ・ヒートのセンター、シャキール・オニール。身長216cm、体重148kgの彼のBMIは31.6。立派な「肥満」です(笑)

シャックにダイエットしろというのでしょうか。ダイエットしたら少しはフリースローもうまくなるかも(笑)

肥満研究学会の責任者を務めるルイス・アロン博士は「健康上問題のある肥満は、ウエストのサイズを測る方が正確に判定できる。BMIだけに頼らず、こうした数字を併用するべき」と話している。
僕はBMIではかろうじて肥満ではないのですが、最近ウエストまわりが・・・

|

« 月の宇宙飛行士を見ることができる望遠鏡 | Main | NEWS CLIP 05/03/15 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/3303670

Listed below are links to weblogs that reference NBAの選手の半数が肥満?−最も肥満なのはシャック・オニール:

« 月の宇宙飛行士を見ることができる望遠鏡 | Main | NEWS CLIP 05/03/15 »