« NEWS CLIP 05/03/30 | Main | 宇宙旅行目前、民間宇宙旅行のためのガイドライン作成 »

2005.03.31

過去50年間で生態系から受ける恩恵の60%が失われた!

Yahoo!NEWSより「生態系資源の6割に損失 国連の評価報告書が警告」(共同通信)

国連は30日、食糧や水資源など自然の生態系から人類が受けている恩恵のうち、約60%が過去50年間の人間の活動で大きく損なわれたと警告する生態系評価報告書を発表した。
生態系の破壊95ヶ国、1360人の専門家たちの手によるこのレポートでは、過去50年間の間に人間の生活を支える綺麗な空気や淡水など生態系のシステムの60%が失われたということです。

これらは主に、食物、淡水、材木、繊維や燃料を得るための人間の活動によるものです。
河川からの取水量が倍増し、森林伐採や農地の拡大が進行。化学肥料の使用も急増しました。珊瑚礁の40%は消失するか劣化し、マングローブ林も35%が失われました、これらにより津波災害への対応力も落ちてきています。

気候変化によってアフリカではコレラの蔓延する条件が整ってきています。農地から流れ出す窒素化合物が海に流れ込むことで魚を窒息させたり、海岸に沿って酸素を減少させる「デッドゾーン」も生じています。

経済的に見てもカナダの湿地を後に変えた場合1ヘクタールあたり2,000ドルの価値しかないのに対し、湿地が動植物の生息地た汚染のためのフィルタ、水の貯水池や人間のレクリエーションの場として使われるならば6,000ドルの価値があるとのこと。タイのマングローブ林も同様にエビの養殖場として使われた場合は200ドルの価値しかないのに対し、そのままの生態を保つことができれば1,000ドルの価値があると報告書は述べています。

特に漁業や淡水資源の利用は「将来の需要を支える水準をはるかに超える」と指摘。「今後50年のうちに回復不能な状態に陥る危険がある」と、資源利用の大幅な制限など、思い切った対策を各国政府に求めている。
先のことまでははっきりいって分かりません。ただ子どもの寝顔を見ると、この子たちに回復不能の自然の中での暮らしだけはさせたくないと思います。

|

« NEWS CLIP 05/03/30 | Main | 宇宙旅行目前、民間宇宙旅行のためのガイドライン作成 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/3504129

Listed below are links to weblogs that reference 過去50年間で生態系から受ける恩恵の60%が失われた!:

« NEWS CLIP 05/03/30 | Main | 宇宙旅行目前、民間宇宙旅行のためのガイドライン作成 »