« NEWS CLIP 05/03/18 | Main | 自然界でも三浦折り »

2005.03.19

温室効果ガスをこれ以上排出しなくても海面は11cm上昇する

Yahoo!NEWSより「地球温暖化、温暖化ガス排出止めても進行=米研究」(ロイター)

気象に関する2つの米研究チームは17日、仮に人類があす二酸化炭素などの地球温暖化ガスの排出を停止したとしても、温暖化はさらに進行するとする研究結果を発表した。
Shakey米大気研究センターの2チームが発表した結果です。

温室効果ガスの排出の抑制は緊急の課題として取り組まれていますが、それでも遅きに失したのかもしれません。

一つの研究では、新しいモデルを使ってコンピュータシミュレーションを行いました。その結果、大気中の温室効果ガスの濃度が2000年のレベルで安定したという、どちらかといえば非現実的なシナリオにおいても21世紀末には地球の平均気温は0.5℃上昇し、海面は11cm上昇するとの結論を得ました。

これは、水が大気より暖まりにくく温暖化の影響が遅れて表れるためだといいます。

10cm程度の上昇ではたいした被害はでないのではと思う人も多いようですが、これにより潮位の極端な上昇や高潮による被害が拡大し、さらに干ばつ、熱波、台風などの気候変動が激しくなると予想しています。

さらにもう一つの研究では、温室効果ガスの排出を現在の量にとどめたとすると、2℃−6℃の気温変化が21世紀末に予測され、海面は25cm上昇するとのこと。

報告は、この結果は温暖化の緩和に向けた速やかな行動が一層必要であることを浮き彫りにしていると指摘。研究の責任者は、「時間をかければかけるほど、気候変動は激しくなるだろう」と警告している。
子や孫の代に幸せな地球を残せますように。借金の先送りだけは避けなければいけません。

|

« NEWS CLIP 05/03/18 | Main | 自然界でも三浦折り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/3350385

Listed below are links to weblogs that reference 温室効果ガスをこれ以上排出しなくても海面は11cm上昇する:

« NEWS CLIP 05/03/18 | Main | 自然界でも三浦折り »