« アイスマンの謎は続く−世界最古の殺人事件 | Main | NEWS CLIP 05/03/01 »

2005.03.01

おしゃぶり1歳すぎたら要注意−歯並びと発語に影響

うちの娘(5歳)と息子(4歳)はおしゃぶりのお世話にはなりませんでしたが、

YomiuriONLINEより「おしゃぶり1歳過ぎたら注意…歯並び、発語に影響

赤ちゃんを泣きやませるためにおしゃぶりを使うお母さんが増えているが、小児歯科医などで作る委員会が、歯並びなどに影響を与える恐れがあるとして、常用しない方がいいとする見解を公表した。見解をまとめたのは日本小児科学会や日本小児歯科学会の会員らで作る「小児科と小児歯科の保健検討委員会」(代表=前川喜平・東京慈恵医大名誉教授)。
まわりを見ていると、確かにおしゃぶりを使っている乳幼児は多くなっているようです。

この報告によると、おしゃぶりを常用している子どもは使っていない子どもに比べて、前歯の上と下が開いてしまう「開咬」が現れる率が高いそうです。乳歯が生えそろう2歳半以降も常用すると、かみ合わせの問題が残る可能性が指摘されています。

また、親が泣きやませる手段として常用している状況は、「子どもがなぜ泣いているか親が考えなくなる」「子どもの発語の機会が減る」など親子のコミュニケーションが阻害されているのではないかとのこと。

ただ親の立場として母親の育児ストレスの軽減などがあるのも確かです。

大手育児用品メーカーの調査では、乳幼児がいる家庭のおしゃぶり所有率は2000年の55%から、2003年の71%にアップしている。同委員会副代表の高木裕三・東京医科歯科大大学院教授は「おしゃぶりは鼻呼吸やあごの発達を促進する効果があるなどといわれるが、医学的な根拠は確かめられていない。使い方に注意を」と話している。
かといって今まで使っていたものをやめるのも簡単ではなさそうですが。

対応としては、(1)言葉を覚える1歳を過ぎたら常用しないようにする、(2)遅くとも2歳半までには使用を中止する、(3)おしゃぶりを使用している間も、声をかけたり一緒に遊んだりする、(4)4歳以降もおしゃぶりがとれない場合は、情緒的な面も考慮して小児科医に相談する、などがあげられています。

でもあんまりこんなことばかり言ってるのも、親の不安を増してますます少子化になるんじゃないかと・・・。

安易に頼りすぎるもの問題ですが、子育ては考えすぎないもの大事かな。

|

« アイスマンの謎は続く−世界最古の殺人事件 | Main | NEWS CLIP 05/03/01 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/3123207

Listed below are links to weblogs that reference おしゃぶり1歳すぎたら要注意−歯並びと発語に影響:

» おしゃぶり1歳過ぎたら注意 [月見で一杯]
『おしゃぶり1歳過ぎたら注意…歯並び、発語に影響』 ーYOMIURI ON-LINE- おしゃぶりを常用すると歯並びに影響が出るという話。 その話... [Read More]

Tracked on 2005.03.02 at 12:12 PM

« アイスマンの謎は続く−世界最古の殺人事件 | Main | NEWS CLIP 05/03/01 »