« 火星の赤道付近に水がある? | Main | アメリカの場所を知らない大学生が3%いる! »

2005.02.23

骨髄幹細胞からヒトの腎臓をラットで作る

Yahoo!NEWSより「マウスで人のクローン腎臓 慈恵医大、幹細胞使い成功」(共同通信)

人の骨髄から採取した幹細胞をラットの胎児に組み込み、人と同じ遺伝的特徴を持った“クローン腎臓”をつくることに、横尾隆(よこお・たかし)・慈恵医大腎臓高血圧内科助手らが成功した。3月1日付の米科学アカデミー紀要(電子版)に発表する。
ES細胞による再生医療の研究が倫理的な側面からいまひとつ難しい状況にある現在、骨髄などの幹細胞による再生医療の進展のニュースは嬉しいものです。

しかし骨髄の幹細胞を使った再生医療は皮膚や軟骨などでは実用化されていますが、別の動物を利用して臓器そのものを再生した例はまだほとんどありません。

この研究では人の骨髄の幹細胞をラットの胎児に組み込みヒトの腎臓と同じクローン腎臓を作ることに成功したようです。どこまでヒトの腎臓と同じものなのかは論文がまだないため分かりませんが、この腎臓を別のラットの腹部に戻して発育させたところ尿がでることも確認されたとのこと。

横尾助手は「理論的には拒絶反応も起きない。同様の方法で膵臓(すいぞう)や肝臓などもつくれると思う」と話している。
もし他の臓器でも成功し、ヒトに移植できることになれば再生医療の大きな進歩になるでしょうね。

|

« 火星の赤道付近に水がある? | Main | アメリカの場所を知らない大学生が3%いる! »

Comments

一日も早い臨床応用を期待しています。研究のためでない研究を心待ちにしています。世界は貪欲です。日本で生まれたものを日本で生かして行く。ビジネスの鉄則で有ると思います。

Posted by: こわと | 2008.08.31 at 12:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/3041693

Listed below are links to weblogs that reference 骨髄幹細胞からヒトの腎臓をラットで作る:

« 火星の赤道付近に水がある? | Main | アメリカの場所を知らない大学生が3%いる! »