« アルツハイマー型の痴呆になる前に体重が減少する | Main | 日本は東京ドーム165個分広くなりました−わが家はぜんぜん広くなりません(笑) »

2005.02.02

鳥はやっぱり賢かった−みんな分かってましたけど

娘(5歳)がよちよち歩きの頃、彼女が鳩に餌をあげたがったので近所の鳩の多いところへ連れて行ってパンを持たせました。するとみるみるうちに数十羽の鳩が彼女の体に群がってきました。それ以来どうも彼女は鳩がトラウマになっているようです(笑)

Yahoo!NEWSより「鳥類の頭脳は原始的でない、評価改めるべき=研究チーム」(ロイター)

国際的な鳥類専門家による研究チームが31日、鳥類は下等ではなく、頭脳も原始的ではないとして、科学者らは鳥類に対する評価を改めるべきとする報告を発表した。
鳥ほ乳類の脳では大脳新皮質が発達しています。鳥類の脳もほ乳類と同様、体重に比較して大きな脳を持っていることは分かっていますが、鳥類の場合は大脳新皮質をつくらず構造的には爬虫類に似ているといわれています。

カラスなどを見ていると明らかに知能が発達しているようですが、鳥類の頭脳に関する解釈は100年前に定着しており、主に基本的な神経節から構成され、原始的な頭脳の機能と本能に基づく行動をつかさどっているとされてきました。

しかし、体の構造が違うため単純に鳥類の脳とほ乳類の脳を比較することはできませんが、鳥類の脳も脳内に占める大脳の割合は大きいことは分かっています。

最近の研究では、鳥類にはイヌやネコよりも高い知能があるとの結論に達しているものもあるようです。

研究の中心となった米ノースカロライナ州デューク大学のエーリッヒ・ハルビス氏は、鳥類の頭脳はより人類のものに似かよっており、基礎的な神経節は原始的な領野ではないと指摘。
 鳥がどのようにして歌や人の言葉のまねをするかを研究する同氏は、鳥は歌、人の言葉の模倣などをコミュニケーションの方法として利用することもできるし、数を数えることもできると述べた。
カラスなどは、もしかしたら娘(5歳)よりも賢いかもしれません(笑)

<参考>「カラスの知能はチンパンジーなみ」(サイト内リンク)

|

« アルツハイマー型の痴呆になる前に体重が減少する | Main | 日本は東京ドーム165個分広くなりました−わが家はぜんぜん広くなりません(笑) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/2776036

Listed below are links to weblogs that reference 鳥はやっぱり賢かった−みんな分かってましたけど:

» 予想以上に情報量が豊かな野鳥のさえずり [大学への基礎数学-雑記帳]
CNNより「「敵の大きさ」伝える野鳥のさえずり 米研究」 北米に広く分布する野鳥 [Read More]

Tracked on 2005.07.05 at 02:07 AM

« アルツハイマー型の痴呆になる前に体重が減少する | Main | 日本は東京ドーム165個分広くなりました−わが家はぜんぜん広くなりません(笑) »