« アマ竜王戦に将棋ソフトが参戦−対局やりにくそう | Main | ロマンスを高める物質発見?−ぜひ僕に追試をさせて下さい(笑) »

2005.02.09

メラトニンに生殖機能抑制の恐れ

Yahoo!NEWSより「睡眠ホルモン生殖機能抑制 過剰摂取は注意、広島大」(共同通信)

網膜や脳の松果体でつくられ睡眠を促すホルモンのメラトニンが、生殖腺の発達や機能を抑制する脳ホルモンを調節していることを、筒井和義広島大教授(脳科学)らがウズラの実験で突き止め、8日付米科学アカデミー紀要(電子版)に発表した。
脳下垂体でつくられる生殖腺刺激ホルモン(ろ胞刺激ホルモン、黄体形成ホルモン)は精巣や卵巣を発達させ、精子の形成や排卵の促進を行うホルモンです。このホルモンの生成を促す生殖腺刺激ホルモン放出ホルモンは1970年代に発見されていましたが、逆に抑制するホルモンが発見されたのはつい最近のことになります。

この研究では、生殖腺刺激ホルモンを抑制するホルモンを確認。これが間脳の視床下部でつくられることを明らかにしまし、「GnIH」と名付けました。

研究ではウズラでの確認となっていますが、人体でも同じホルモンの存在が確認される可能性はあります。

問題は、この抑制ホルモンが「メラトニン」によって合成を誘導されることです。つまりメラトニンで生殖機能が抑制される可能性がでてきました。

メラトニンは脳の松果体が分泌するホルモンですが睡眠のサイクルを整える作用があるため健康補助剤として市販されています。

メラトニンは生殖機能抑制作用があるとみられており、筒井教授らは、網膜や松果体を取り除いたウズラにメラトニンを投与し、投与量が多いほどGnIHが多く合成されることを突き止めた。
健康補助食品の取りすぎによる害がいろいろと取りざたされていますが、安易に頼りすぎるのはやはり問題かと。

|

« アマ竜王戦に将棋ソフトが参戦−対局やりにくそう | Main | ロマンスを高める物質発見?−ぜひ僕に追試をさせて下さい(笑) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/2856592

Listed below are links to weblogs that reference メラトニンに生殖機能抑制の恐れ:

« アマ竜王戦に将棋ソフトが参戦−対局やりにくそう | Main | ロマンスを高める物質発見?−ぜひ僕に追試をさせて下さい(笑) »