« 性フェロモンをキャッチする仕組み−僕が持ってたら即離婚です(笑) | Main | 記憶力の選手権大会−僕にははなから無理(笑) »

2005.02.07

ES細胞から大脳細胞を作成−ちょっと脳を増やしてもらえませんか(笑)

Yahoo!NEWSより「ESから大脳細胞を作成 治療薬開発、知能研究にも」(共同通信)

胚性幹細胞(ES細胞)から大脳のさまざまな細胞になる大脳前駆細胞を効率よくつくることに、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の笹井芳樹グループディレクターらが世界で初めてマウスで成功、米科学誌ネイチャーニューロサイエンス(電子版)に七日、発表した。
ヒトがヒトである証ともいえる大脳皮質ですが、神経前駆細胞(神経幹細胞)から分化する大脳皮質のニューロンは出生後は決して補給されないとずいぶん長い間信じられてきました。

しかし、最近の研究では大脳古皮質に限らず大脳新皮質においてもニューロンの新生が行われているのではないかといわれています。

さらにこの研究では試験管内で大脳細胞を効率的生み出すことに成功したようです。

脳は1000種類以上の細胞からできていますが、これまでの研究ではES細胞からつくり出すことができるのは主に脳幹の神経細胞でした。大脳の神経細胞はつくれても1−2%の効率でしかなかったようです。

今回はマウスのES細胞内にある「ウイント」「ノーダル」という二種類のタンパク質の働きを一時的に抑えることにより、ES細胞の9割以上を神経細胞に変えることに成功。さらに、この神経細胞に「ウイント」を添加すると大脳皮質の前駆細胞が、また「ソニック・ヘッジホッグ」というタンパク質を添加すると大脳基底部の前駆細胞ができたということです。

「ソニック・ヘッジホッグ」ってどこかのゲームソフトみたい(笑)

アルツハイマー病やプリオン病など大脳が関係する病気の解明や治療薬開発、大脳ができる様子や知能の研究にも役立つのではないかとみている。一年以内にヒトES細胞でも試みたいとしている。
脳も作れる時代になるのでしょうか(笑)

<参考>理化学研究所

|

« 性フェロモンをキャッチする仕組み−僕が持ってたら即離婚です(笑) | Main | 記憶力の選手権大会−僕にははなから無理(笑) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/2833973

Listed below are links to weblogs that reference ES細胞から大脳細胞を作成−ちょっと脳を増やしてもらえませんか(笑):

» 電位の波で脳細胞を作った [大学への基礎数学-雑記帳]
Yahoo!NEWSより「「電位の波」で脳細胞生成=世界初、脳梗塞治療への応用も [Read More]

Tracked on 2005.06.25 at 12:56 AM

« 性フェロモンをキャッチする仕組み−僕が持ってたら即離婚です(笑) | Main | 記憶力の選手権大会−僕にははなから無理(笑) »