« 天橋立の松をヘドロで再生 | Main | NEWS CLIP 05/02/24 »

2005.02.24

ジャガイモからB型肝炎のワクチン

日経Healthより「ジャガイモから人のワクチンが取れる

ジャガイモから人のB型肝炎を予防するワクチンを取ることができる。こんな新たな研究成果を科学誌ネーチャーのウエブ速報版が伝えた。
ジャガイモからワクチン研究を行ったのはアリゾナ州立大のチャールズ・アーンゼン氏ら。ジャガイモにB型肝炎のワクチンになるタンパク質を作る遺伝子を導入したとのことです。

できたジャガイモを人に食べさせて、B型肝炎ウィルスの抗体値を上昇させるブースターワクチンとして使用したところ、ジャガイモを食べた33人中10人で抗体値が上昇しました。

B型肝炎で毎年50万人以上の人が亡くなっています。特にアフリカなどで発症率が高くなっていますが、比較的高価なB型肝炎ワクチンが温度によって変性してしまうため管理が難しくさらに高価になってしまいます。

これが安価なジャガイモで代用できればいうことはありません。

なお、この方法で作るジャガイモのたんぱく質は、B型肝炎に対する最初の免疫獲得に使う注射の代わりにはできず、抗体価を上げるブースターとしての利用に限られるという。
さすがに最初の接種のかわりにはならないようですが、肝炎のワクチンは時間がたてば抗体値が下がり再接種が必要になります。この再接種のかわりには利用できる可能性があるようです。

さらに注射針なども不要になるため物資不足に悩む地方にとっては朗報になる可能性もあります。

|

« 天橋立の松をヘドロで再生 | Main | NEWS CLIP 05/02/24 »

Comments

B型肝炎のワクチンは、量も多めで結構痛いです。
私たちのような医療関係者はワクチン接種が必要なんですけど、正直あの痛みを考えると追加接種を躊躇してしまいます。
だけどジャガイモ食べるだけなら…ラクですね。
是非実用化されてほしいです。

Posted by: Sana | 2005.02.24 at 01:40 AM

そうですか。やっぱり医療関係の方は接種しなくちゃいけないんですね。

痛い注射はできればごめんこうむりたいものです。それよりポテトサラダ食べてる方が(笑)

Posted by: Fum | 2005.02.25 at 02:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/3054530

Listed below are links to weblogs that reference ジャガイモからB型肝炎のワクチン:

« 天橋立の松をヘドロで再生 | Main | NEWS CLIP 05/02/24 »