« 深海1万メートルに生物発見 | Main | オーロラからの風−ぜひこの目で見てみたい »

2005.02.05

土星の南極は高温だった−といっても零下180度ですけど

YomiuriONLINEより「土星南極に白い目…高温部、といっても零下180度

米航空宇宙局(NASA)は、ハワイのケック天文台が赤外線観測で撮影した土星の画像を4日付の米科学誌サイエンスに発表した。南極付近が白色の“目”のように見える。
土星のホットスポットハワイ島のマウナケア山ケックI望遠鏡を使って赤外線撮影を行った画像です。南極に見える白い部分は特に温度が高い部分を示しています。といっても零下180度くらいですが(笑)

他の暗い部分に比べて10度前後高くなっています。本来寒いはずの極部分が周りより暖かい減少が発見されたのは太陽系で初めてのことになります。

土星は公転周期が29.5年であるため、夏の間は15年にわたって南半球に太陽光が降り注ぐことになります。ただ、南極付近が暖かいのはこのためとは考えられず、大気の循環などなんらかの要因が働いているとみられます。

この高温部が局地的な部分に限られているのも少し不思議なところですが。

NASAの観測チームは、土星の大気中に限定的な高温部を作り出す特殊な対流などの仕組みがあると見て、さらに分析を進める。
冬になると寒くなるのかな。

|

« 深海1万メートルに生物発見 | Main | オーロラからの風−ぜひこの目で見てみたい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/2809620

Listed below are links to weblogs that reference 土星の南極は高温だった−といっても零下180度ですけど:

« 深海1万メートルに生物発見 | Main | オーロラからの風−ぜひこの目で見てみたい »