« 女性が容姿に関する言葉に敏感な理由 | Main | 勧善懲悪ゲームは暴力性を高める?−水戸黄門もダメ? »

2005.01.08

脳の情報伝達の重要物質−その名も「ダイナミン」

Asahi.comより「脳の情報伝達重要物質を確認 東京大グループ

神経細胞同士が連絡する接合部(シナプス)では、「ダイナミン」と呼ばれるたんぱく質が、情報伝達物質の放出や回収を支える重要な役割を果たしていることを、東京大医学部の高橋智幸教授(神経生理学)らのグループが確かめた。神経難病の原因解明につながる基礎研究だ。7日付の米科学誌サイエンスに発表する。
神経細胞どうしの間隙であるシナプスで情報を伝達しているのは、アセチルコリンやアドレナリン、ノルアドレナリン、セロトニンなどの神経伝達物質です。これらの神経伝達物質は合成されるとシナプス小胞と呼ばれる部分に貯蔵されます。ここからシナプス間隙に放出された神経伝達物質はつながっている細胞の受容体と結びつきます。このうちいくつかは再びシナプス小胞に貯蔵され再利用されます。
高橋さんらは、この仕組みが動く際にダイナミンが不可欠なことを、マウスなどの脳神経細胞を使った実験で確かめた。
21世紀は脳の世紀ともいわれています。脳の高次機能のメカニズムを明らかにしたり、脳と同じような働きのできるコンピュータを創ったりが目標になりますが、今後20年くらいで一気に研究が進むのではないでしょうか。

|

« 女性が容姿に関する言葉に敏感な理由 | Main | 勧善懲悪ゲームは暴力性を高める?−水戸黄門もダメ? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/2504531

Listed below are links to weblogs that reference 脳の情報伝達の重要物質−その名も「ダイナミン」:

» ジストニアという現代の迷病 -心とは何か?- [(株)テクトラン広報]
皆さんはジストニアという病気をご存知であろうか?ロバート・デ・ニーロが主演した洋画「レナードの朝」を観た事がある方ならご存知かも知れない。上位運動ニューロン異常... [Read More]

Tracked on 2005.03.22 at 08:05 PM

« 女性が容姿に関する言葉に敏感な理由 | Main | 勧善懲悪ゲームは暴力性を高める?−水戸黄門もダメ? »