« 宇宙のゴミ、スペースデブリの対策を検討 | Main | 花粉症がGDPを押し下げる?−この先温暖化で景気は減速するのでしょうか »

2005.01.25

坂を下る方が血糖値が下がる

CNNより「ウォーキングの効用、「上り坂」と「下り坂」に違い

健康のために上り坂を歩くのがつらければ、下り坂だけでも歩いてみては――。オーストリアの研究者がこのほど、坂を下りる運動には上る運動とは別の効果があり、糖尿病患者らに向いているとの実験結果を報告した。
研究では、アルプスのスキー場で運動不足気味の人たち45人に片道だけリフトを利用する山歩きを続けてもらい、血糖値やコレステロールを測定したそうです。

その結果、下りの運動では昇りに比べ血糖値が目立って低下したとのこと。逆に血液中のトリグリセライド(中性脂肪)は上りのほうが効果的に減少したそうです。

上りと下りでは筋肉の使い方が違うため、異なった効果が出るとみられる。チームでは、「糖尿病患者で上りがつらいと感じる人にとっては、下り坂の方が楽なうえに、血糖値も下がりやすく、向いているのでは」と、下り坂歩きの効用を強調する。
しかし普通はリフトなんかないですから下ったらその分上らないといけないんでは(笑)

でも、山にリフトで上ってゆっくり降りてくるというのはアリかもしれませんね。

|

« 宇宙のゴミ、スペースデブリの対策を検討 | Main | 花粉症がGDPを押し下げる?−この先温暖化で景気は減速するのでしょうか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/2686504

Listed below are links to weblogs that reference 坂を下る方が血糖値が下がる:

« 宇宙のゴミ、スペースデブリの対策を検討 | Main | 花粉症がGDPを押し下げる?−この先温暖化で景気は減速するのでしょうか »