« シリコンチップ+ネズミの細胞=謎のロボット(笑) | Main | 67歳の女性が出産−年金は大丈夫でしょうか »

2005.01.18

喫煙者は自殺しやすい−心の健康をチェックしないといけないそうです(笑)

Yahoo!NEWSより「たばこ多いほど自殺の危険 中年男性で、厚労省研究班」(共同通信)

日本人の中年男性では、1日に吸うたばこの本数が多いほど自殺する危険性が高まるとする大規模疫学調査の結果を、厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)がまとめた。21日から大津市で開かれる日本疫学会で発表する。
昨年も同じ高知大学の調査で、自殺者の血中のニコチン濃度が、病気や事故で死んだ人のそれよりも約3.5倍高いという報告がありましたが、今回も同じ
結論のようです。

この報告によれば40−60代の男性4万5000人を10年間追跡。この間に自殺した173人の喫煙状況を調べたところ1日の喫煙本数が20本未満の人に比べ、30本以上40本未満の人の自殺率は1.4倍、40本以上の人で1.7倍に高まったそうです。

まあ、自殺者が多くタバコを吸っているという事実であってヘビースモーカーが自殺しやすいという結論にいたるのは難しいかなという気はしますが。自殺前にはタバコや酒にひたるでしょうし。

研究班は「たばこと自殺の関係は未解明の点が多い。禁煙で自殺が減るかどうかも研究課題だが、喫煙本数の多い人の心の健康に注意することは、自殺予防対策に有効だろう」としている。
喫煙が緩慢な自殺であるということは事実でしょうが、喫煙者を注意することが自殺予防になるかな・・・。

喫煙者の僕は明日から妻に心の健康をチェックされることでしょう(笑)

|

« シリコンチップ+ネズミの細胞=謎のロボット(笑) | Main | 67歳の女性が出産−年金は大丈夫でしょうか »

Comments

タバコと自殺の関係、2種類の説明ができると思います。
一つは、ニコチンを大量に摂ることによる、脳内化学物質のバランスの崩れです。アセチルコリンやノルアドレナリンなんかは影響を受けますから。でも、気分調整に関わるホルモンは、これらだけではないですから、説明としては弱いですね。
もう一つは、ご指摘の通り、複数の薬物(お酒とか)に対する複合依存が背後にあって、タバコがその一部を担っているに過ぎないという考え方です。薬物への依存をしやすい人は確かに自殺のリスクが高いです。無力感や絶望感から一時的にのがれるために薬物に手を出す場合が、最も自殺リスクが高いと言えます。

とにかく、普段から吸い過ぎには注意しましょう。喫煙は、循環器系・呼吸器系疾患のリスクも大きいですからね。(^^)

Posted by: Sana | 2005.01.18 at 06:52 AM

はい、注意します。

Posted by: Fum | 2005.01.19 at 12:51 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/2610208

Listed below are links to weblogs that reference 喫煙者は自殺しやすい−心の健康をチェックしないといけないそうです(笑):

« シリコンチップ+ネズミの細胞=謎のロボット(笑) | Main | 67歳の女性が出産−年金は大丈夫でしょうか »