« ホイヘンスいよいよタイタンの地表へ−さて地表はどんなだ | Main | 深海の神秘、ダイオウイカの生態を調査−イカ焼き何人前? »

2005.01.15

タイタンの地表はこんなだった

タイタンの地表画像が届いています。

Yahoo!NEWSより「タイタンに水路や氷確認 土星衛星の素顔明らかに」(共同通信)

土星最大の衛星タイタンに着陸した小型探査機ホイヘンスは順調に観測を続け、運用を担当する欧州宇宙機関(ESA)は米東部時間14日夕(日本時間15日朝)、ホイヘンスが撮影した画像を公開、探査の成功を宣言した。
タイタンの地表公開された写真のうち、上空16.2kmで撮影されたものには液体が流れてできたような筋状の地形が見られます。また、右上の方に液体がたまった(海?)のような黒っぽい部分があります。

タイタンの地表は零下180度前後といわれていますので、液体の水が存在することはありませんが、メタンの海である可能性はあります。

高度8kmからの写真には着陸地点らしき地形がうつされています。起伏に富んだ大地のようです。浸食によりできた地形なのかもしれません。

着陸後の写真には丸くてごろごろしたものがうつっています。なんとか大地の上に着陸したようですね。この丸い物体が岩なのか氷なのか、またその大きさや探査機からの距離などは分かっていません。

ただ、これらの写真を見るかぎりは地表に液体が存在している可能性は高そうです。地球と同じく地表に液体をもつ星だとすれば珍しいことです。

公開されたのは、詳しい解析や処理を加える前の3枚だが、海に流れ込む水路のように見える地形や、氷とみられる塊が多数散らばっている地表の様子などがとらえられていた。解析が進めば、タイタンの素顔が続々と明らかになり、生命誕生の謎に迫る成果が得られると期待される。
データの分析により生命誕生の謎に迫れるといいですね。

それにしても地球や火星と似た星ですね。

<参考>Cassini-Huygens・以下サイト内リンク「ホイヘンスいよいよタイタンの地表へ−さて地表はどんなだ」・「カッシーニがイアペトゥスに接近−日焼けの原因は何?」・「タイタンに突入、ホイヘンス探査機」・「土星の衛星また2つ発見

|

« ホイヘンスいよいよタイタンの地表へ−さて地表はどんなだ | Main | 深海の神秘、ダイオウイカの生態を調査−イカ焼き何人前? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/2580435

Listed below are links to weblogs that reference タイタンの地表はこんなだった:

» タイタンはぬかるんでいた−マイナス180度ですけど [大学への基礎数学-雑記帳]
YomiuriONLINEより「タイタン探査機“ぬかるみ”に着陸」 土星最大の衛 [Read More]

Tracked on 2005.01.20 at 01:55 AM

» タイタンの表面に謎の明るい点 [大学への基礎数学-雑記帳]
CNNより「土星の衛星タイタン、明るい点の正体は?」 米カリフォルニア州パサデナ [Read More]

Tracked on 2005.05.28 at 02:06 AM

» タイタンにメタンの湖か? [大学への基礎数学-雑記帳]
NIKKEI NETより「土星の衛星タイタンにメタンの湖?NASAが発見」 米航 [Read More]

Tracked on 2005.06.30 at 01:57 AM

« ホイヘンスいよいよタイタンの地表へ−さて地表はどんなだ | Main | 深海の神秘、ダイオウイカの生態を調査−イカ焼き何人前? »