« 観測史上最大の超巨星発見 | Main | 女性が長生きの理由は・・・ »

2005.01.12

ネズミが言語を聞き分けた?

幼稚園へ通い始めてから息子(4歳)の語彙は飛躍的に増えたのですが、「うんこちんちん」というのは勘弁してください(笑)

Asahi.comより「ネズミが言語聞き分けた!? 日本語とオランダ語

ネズミも、日本語とオランダ語を聞き分けられる!? スペインの研究チームがネズミの意外な能力を実験で証明し、米心理学会の専門誌に発表した。特別な訓練をした結果、人間とサル以外では初めて、異なる二つの言語を区別できるようになったという。言葉を獲得する基礎となる原始的な能力を、幅広い哺乳(ほにゅう)類が持っている可能性を示している。
言葉をこれだけ自由に操ることができるのはヒトだけです。音による情報伝達を用いる動物は数多くいますが、これだけ高度な音声発達機構と豊かな内容の言語を操ることができるのはヒトの特徴でしょう。

鳥類などは音声発達機構は高度なものをもっていますが伝達内容はあまり優れていません。イルカやクジラにしても同様で、しっかりとした言語体系をもっているという報告はないと思います。

ただ、この能力がなぜヒトにだけあるのかはあまりよく分かっていません。ほかの動物においてもこのようなメカニズムは存在するのかどうかが大きな鍵となります。

この研究では、ネズミを4つのグループに分け、日本語とオランダ語の文章を(1)コンピュータの合成音声で流す (2)合成音声で逆さ読みする (3)それぞれを母国語とする複数の人物の声で流す (4)特定の1人の声で流すという各条件で、日本語とオランダ語を聞き分けどちらかの言語の時にレバーを下げると餌をもらえるという訓練を繰り返しました。

その結果、訓練で使っていない文章で実験しても合成音声と特定の人物の声ならば日本語とオランダ語を聞き分けることができたようです。逆さ読みと不特定の人物の声は聞き分けることができなかったとのこと。

こうした実験で同様の能力が実証されているのは、人間とタマリン(小型サルの一種)だけ。人間の赤ちゃんでは、複数の人物の声でも言語を聞き分けることが分かっているが、研究チームは「言語を使うのに必要な能力は、人間だけではなく複数の動物に備わっている」と説明している。
ワタボウシタマリンやヒトの赤ちゃんは複数の声を聞き分けることが分かっています。ただ、ヒトがこういった能力を獲得する以前にその土台となる能力は他の動物たちも獲得していたといえるでしょう。

それはともかく、やっぱりところかまわず息子の発する「うんこちんちん」はどうにかならないんでしょうか(笑)

|

« 観測史上最大の超巨星発見 | Main | 女性が長生きの理由は・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/2546664

Listed below are links to weblogs that reference ネズミが言語を聞き分けた?:

« 観測史上最大の超巨星発見 | Main | 女性が長生きの理由は・・・ »