« 100万年で空前の巨大化をとげたワシ | Main | 深海でもマグロの眼が見える理由 »

2005.01.10

変形性関節症の原因遺伝子特定

YahOO!NEWSより「変形性関節症の遺伝子発見 診断法や治療薬開発に光」(共同通信)

国内に約700万人の患者がいると推定されている変形性関節症の原因遺伝子の一つを理化学研究所遺伝子多型研究センター(横浜市)の池川志郎チームリーダーらが発見した。9日付の米科学誌ネイチャージェネティクス電子版に発表した。
変形性関節症は生活習慣病の一種で、ひざやまたなどの関節の軟骨が変形したり、すり減ったりして、痛みや歩行障害を伴う病気です。骨や関節の病気の中で最も発症頻度の高い病気で関節リウマチの10倍程度の患者数であると推定されています。

原因は未解明で現在のところ痛み止めや外科手術などの対症療法しか存在していません。

研究では、変形性関節症の人と健康な人で「アスポリン」というタンパク質をつくる遺伝子の働きの違いを分析。同症患者の場合、この遺伝子が健康な人の20倍も多く活動していることが分かりました。

さらにこのアスポリンの遺伝子の塩基配列を調べたところ、アミノ酸の一種であるアスパラギン酸の配列の繰り返し数に個人差があることが分かったとのこと。かかりやすい配列の人の有病率は、そうでない人の2倍だったと報告されています。

軟骨の生成がこのアスポリンによって抑えられ、関節症になりやすくなるようです。

細胞の周りに蓄積する「アスポリン」というタンパク質をつくる遺伝子で、変形性関節症の原因遺伝子や機能を解明したのは世界で初めて。同症へのなりやすさを診断する技術や治療薬の開発につながると期待される。
でも、君は関節症になりやすいよといわれたらどうすればいいんでしょうか。

|

« 100万年で空前の巨大化をとげたワシ | Main | 深海でもマグロの眼が見える理由 »

Comments

はぁー、かなり深刻な問題です。

というのは、実は25年間ほど慢性関節リウマチであるというベテラン?なのですが、最近変形性関節症でもあるという状態なのです。

有効な治療法を開発してほしいなぁ。


Posted by: | 2005.01.10 at 05:16 PM

そうだったんですか。

まだまだ有効な治療法の開発には遠いようですが、涼さんのようにお困りの方のためにも一刻も早い治療法の開発を望みましょう。

Posted by: Fum | 2005.01.12 at 01:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/2525956

Listed below are links to weblogs that reference 変形性関節症の原因遺伝子特定:

« 100万年で空前の巨大化をとげたワシ | Main | 深海でもマグロの眼が見える理由 »