« 恐竜を食べる?哺乳類の化石が発見 | Main | ロケット燃料で健康被害−テポドンにも使われている燃料です »

2005.01.14

NASA版ディープインパクト打ち上げ

いよいよNASA版ディープインパクト計画が本格始動です。

Asahi.comより「彗星探査機ディープインパクト打ち上げ NASA

米航空宇宙局(NASA)は12日、彗星(すいせい)の素顔にじかに迫る史上初の探査機ディープインパクトをケープカナベラル空軍基地(フロリダ州)から打ち上げた。太陽系の成り立ちを探るため、7月4日の米独立記念日に、子機を彗星の核に激突させる予定だ。
ディープインパクトディープインパクトは、NASAの低予算科学探査ミッション「ディスカバリー計画」の1つとして、1999年7月に選定されました。

彗星は、小惑星と同様に太陽系が形成されたときの残り物とされています。この彗星の内部構造が明らかになれば地球などの惑星の誕生に関する新たなデータが得られるのではというのがこのミッションの動機となっています。

3億3000万ドルをかけたこのミッションでは、探査機は半年かけて4億3000万kmを旅し、テンペル1彗星に接近。この彗星に重さ350kgの弾丸を撃ち込みます。

撃ち込まれた弾丸によりさしわたし100m程度のクレーターができる予定です。この衝突時に放出される彗星内部の物質を探査機に搭載されたカメラで観測し彗星内部の様子を探ります。

彗星の氷の核に穴を開けることで、太陽系ができた46億年前から封印されている内部の物質が顔を出す。親機は約500キロ離れた宇宙空間から、激突前後の様子を観測する。
衝突が7月4日というのはやはりアメリカ人(笑)

この衝突で彗星の軌道が変わって・・・なんていうことはありませんのでご心配のなきよう。

<参考>DEEP IMPACT 公式サイト(NASA)

|

« 恐竜を食べる?哺乳類の化石が発見 | Main | ロケット燃料で健康被害−テポドンにも使われている燃料です »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/2566820

Listed below are links to weblogs that reference NASA版ディープインパクト打ち上げ:

» ディープ・インパクト、いよいよ目標の彗星にロックオン! [大学への基礎数学-雑記帳]
Asahi.comより「「標的」彗星の核とらえた 米探査機ディープインパクト」 [Read More]

Tracked on 2005.06.24 at 01:21 AM

» NASA版ディープインパクト、見事に命中−彗星は壊れませんでしたね(笑) [大学への基礎数学-雑記帳]
Asahi.comより「探査機の子機、彗星の核への衝突に成功」 米航空宇宙局(N [Read More]

Tracked on 2005.07.05 at 02:13 AM

« 恐竜を食べる?哺乳類の化石が発見 | Main | ロケット燃料で健康被害−テポドンにも使われている燃料です »