« 環境ランキング日本は30位−最下位は北朝鮮だそうです | Main | 宇宙ステーションに謎の付着物−エイリアンの卵でしょうか(笑) »

2005.01.27

肥満の母親の子どもが肥満になる確率は15倍

この手の調査結果は以前からも何度か出ていましたが、

Yahoo!NEWSより「肥満の母親の子供は肥満になる確率が15倍=米調査」(ロイター)

米ペンシルベニア大学とフィラデルフィア小児病院の研究チームは、肥満の母親の子供が6歳までに肥満になる確率が、やせた母親の子供の15倍に達するとのリポートを発表した。
1994年にアメリカのロックフェラー大のグループが肥満に関係した遺伝子を発見してから、肥満に対する環境因子と遺伝因子の作用についての議論がいろいろとされてきました。

肥満に関係する遺伝子は現在数十種類発見されています。最近までは遺伝よりも環境因子の作用のほうが大きいという考えが圧倒的でしたが、ここにきて遺伝因子の作用も大きいのではないかという考え方が強くなってきています。

肥満の母親の場合、おそらくは肥満の遺伝子と環境因子の両方を持つことになりますので肥満になる確率が15倍という高率になるのも頷けます。

もともと食糧難の時代には肥満遺伝子は体を守るのに有利に働いていたのでしょうが、この飽食の時代においてはそれが足かせとなってしまっているのかもしれません。

研究では、肥満は3歳ごろから始まっており、肥満の親の子供については、医師が遅くとも4歳までには注意を払う必要があることが示されたという。
ただ、今のアメリカや日本での肥満の増加状況を見ているかぎり、遺伝の影響というよりは環境の影響のほうが大きいようには思いますが。

|

« 環境ランキング日本は30位−最下位は北朝鮮だそうです | Main | 宇宙ステーションに謎の付着物−エイリアンの卵でしょうか(笑) »

Comments

肥満になる人の食生活を見ていると、やはり太りそうな食べ方をしている気がします。食行動も遺伝と関連ありますから、肥満のなりやすさや性格傾向などを考えて、個人の特性に合った、リバウンドの少ない減量法を考えていく必要があるのかもしれませんね。
ちなみに私のご先祖さまは、明らかな肥満体質と、胃下垂やせ形の2グループにきれいに分かれていて、私はこれからどっちになるのか想像がつきないところです。

Posted by: Sana | 2005.01.27 at 11:34 AM

それは悩む事態ですね。そういえば、僕も同じです。どうなるんでしょう。ちょっと結果は見えてますが(笑)

Posted by: Fum | 2005.01.28 at 10:27 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/2708210

Listed below are links to weblogs that reference 肥満の母親の子どもが肥満になる確率は15倍:

« 環境ランキング日本は30位−最下位は北朝鮮だそうです | Main | 宇宙ステーションに謎の付着物−エイリアンの卵でしょうか(笑) »