« カッシーニがイアペトゥスに接近−日焼けの原因は何? | Main | 変形性関節症の原因遺伝子特定 »

2005.01.09

100万年で空前の巨大化をとげたワシ

息子(4歳)の好きな戦隊シリーズの敵が、最後に必ず巨大化するのはなぜでしょうか(笑)。

Yahoo!NEWSより「百万年で空前の巨大化=絶滅ワシ、ニュージーランドで−化石を分析・国際チーム」(時事通信)

ニュージーランドにかつて生息し、約700年前に人間が流入して絶滅した超巨大な「ハーストワシ」は、ワシ・タカ類のうち大型のイヌワシ属ではなく、世界最小級のヒメクマタカ属に最も近いことが分かった。英オックスフォード大などの国際研究チームが8日までに、骨の化石のDNAを分析した成果を米生物学誌プロス・バイオロジーの電子版に発表した。
研究によるとニュージーランドに生息していた体重10−15kgのハーストワシのDNAを現存する16種類のワシやタカのDNAと比較した結果、オーストラリアに生息する体重約1kgのヒメクマタカに最も近かったそうです。

ハーストワシは羽を広げると2−3mにもなる巨大なワシでした。一方ヒメクマタカは体長50cmほどでこの種の鳥類としてはさほど大きい方ではありません。

動物が孤立化した島で進化すると島嶼化という現象がおこり、大陸などに生息する動物とは異なった進化をすることがあります。ただこの場合は、飛べる鳥類であることや、島嶼化では大抵の場合は狭い島に順応するために小さくなることが多いのですが、巨大化しているということで珍しい例だと思います。

100万年前にニュージーランドにすみ着いた小さな祖先が、地上に敵となる動物がいない環境で、10〜15倍に大きくなったらしい。こうした急速な巨大化は、鳥や獣では極めて珍しいという。
戦隊シリーズの敵も数秒で進化してるんでしょうか(笑)

|

« カッシーニがイアペトゥスに接近−日焼けの原因は何? | Main | 変形性関節症の原因遺伝子特定 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/2514485

Listed below are links to weblogs that reference 100万年で空前の巨大化をとげたワシ:

« カッシーニがイアペトゥスに接近−日焼けの原因は何? | Main | 変形性関節症の原因遺伝子特定 »