« センター試験、英語では正解でも地学では不正解? | Main | 宇宙のゴミ、スペースデブリの対策を検討 »

2005.01.24

10年後にはお手伝いロボットがわが家にやってくる?

小学生の頃の雑誌などでは21世紀になれば、自動調理システムでメニューを押せば食事はでてくるし、車は透明のチューブを通って自動運転だったし、必ずお手伝いロボットがいたし・・・。あの未来はどこへ行ってしまったんでしょう。少なくとも朝のゴミ出しはしなくていいはずだったのに(笑)

YomiuriONLINEより「「あればいいな」が現実に…今後30年を科学者が予測

2015年までに家事を手伝うロボットが普及し、2025年までに巨大地震の直前予知が可能に――。文部科学省が30年以内に実現可能な科学技術を一線科学者らに予測してもらったところ、こんな未来像が明らかになった。
記事からでは不明ですが、おそらく文科省の科学技術政策研究所が行っている技術予測調査の途中経過だと思われます。

これは今後の30年間の科学技術の将来動向を予測する調査で5年ごとに行われています。

大学教授や民間の技術者、研究者など4200人に「生命科学」「エレクトロニクス」など13分野の計860項目について、技術的に可能になる時期や応用され普及する時期をアンケート調査したものです。何度か結果を示しながら同じアンケートを繰り返し行い、結果を収斂させていくというデルファイ法で行われます。

集計結果によると、「一家に1台、掃除・洗濯などができるお手伝いロボットが一般化する」時期は、2011―2015年とする回答が最も多かった。「がん化の機構解明に基づく治療への応用」は、その次の10年間と見込まれた。
 「同時通訳機能が付いた電話の一般化」は2011―2015年、「マグニチュード7以上の地震予知技術」「アルツハイマー病の根治薬」は2016―2025年に登場しそうだ。
ロボットに関する技術の予測は前回調査より早まっている感じですね。

でも、10年後にホントにお手伝いロボットがわが家にいるんでしょうか。狭いわが家では邪魔なんですけど(笑)

<参考>科学技術政策研究所

|

« センター試験、英語では正解でも地学では不正解? | Main | 宇宙のゴミ、スペースデブリの対策を検討 »

Comments

よく手伝ってくれる子がいなくなったので、不便です。
10年後くらいに、お掃除をしてくれる気だてのいい子が来てくれたらいいなぁと思います。
トラックバックを送らせて頂きました。

Posted by: | 2005.01.24 at 11:40 AM

気だてがよければいいんですが。「脱いだものは洗濯機へ!」なんて怒られたらどうしましょう(笑)

Posted by: Fum | 2005.01.25 at 01:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/2678034

Listed below are links to weblogs that reference 10年後にはお手伝いロボットがわが家にやってくる?:

» 走るアシモ [徹也]
いつかはアトムのような人型ロボットが開発されるのだろうとは思っていたが、随分進化したものだ。 しかし、こうしたロボットに感情は宿らないのだろうか。 [Read More]

Tracked on 2005.01.24 at 11:38 AM

« センター試験、英語では正解でも地学では不正解? | Main | 宇宙のゴミ、スペースデブリの対策を検討 »