« ペンギンの同性愛 | Main | 世界最小のモーター »

2004.12.27

人工のクモの糸開発−カンダタに教えてあげたい

CNNより「イスラエルの科学者ら、人工の「クモの糸」開発

強くて弾力性のあるクモの糸を人工的に作り出す方法を、イスラエルの科学者らがこのほど開発した。遺伝子工学を駆使して、大量生産への道を開いた。医療や電子工学への活用が期待される。
クモの糸は同じ比重ならば絹糸の20分の1の太さで鋼鉄の5倍の強度をもつといわれています。実際にも直径が数ミクロンの糸が小石を持ち上げることも可能です。その他、耐熱性、吸水性が高く帯電しにくいといった特徴をもっています。

糸としては最高の素材の一つでしょう。

そのクモの糸の合成は各地で研究されていますが、なかなか実用化にはいたっていません。絹をカイコに作らせるようにクモに作らせることができればいいのですが、共食いするなどの性質で大量飼育が困難なことと、粘着度が高いため糸の状態に紡ぐことが困難なため大量生産するわけにはいきません。

そこで現在注目されているのは、クモの遺伝子を他の生物に組み込み糸を作らせる手法です。日本ではカイコにクモの糸をつくらせることに成功していますし、アメリカやカナダでは哺乳類を使ってクモの糸の成分を抽出しています。

ヘブライ大の生物学者、ユリ・ガット博士らは、独ミュンヘン大、英オックスフォード大のチームと協力し、2年前から研究を進めてきた。その結果、クモの遺伝子を使って、天然のしおり糸とほぼ同じ組成の糸を実験室で作り出すことに成功したという。「クモの細胞を遺伝子組み換えウイルスに感染させることにより、糸のタンパク質を大量に生産する方法を編み出した」と、ガット博士は説明する。
どこが早く実用化するかの競争になりそうですね。

カンダタが地獄から脱出できるのはいつでしょうか(笑)

|

« ペンギンの同性愛 | Main | 世界最小のモーター »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/2389721

Listed below are links to weblogs that reference 人工のクモの糸開発−カンダタに教えてあげたい:

» 本日のメモ。 [極私的脳戸/日々の与太]
2004.12.28. 大塚 [Read More]

Tracked on 2004.12.29 at 02:38 PM

« ペンギンの同性愛 | Main | 世界最小のモーター »