« 二日酔いしない飲酒量の計算式−忘年会の前に計算しておきましょう | Main | カラスの知能はチンパンジーなみ »

2004.12.11

宇宙ステーションで食料不足−ダイエットで乗り切れ

昨日帰宅すると僕の夕食が息子(4歳)に食べられてました。冷蔵庫は空っぽ。飢えた体にむちうちコンビニまで買出しにいくことに(笑)

YomiuriONLINEより「宇宙ステーションで食糧SOS、乗組員の食事制限

米航空宇宙局(NASA)当局者は9日、米露2人が乗り組む国際宇宙ステーションの貯蔵食糧が残り少なくなったため、1日あたりの食糧をカロリー換算で5―10%削減するよう指示したことを明らかにした。
 蓄えは来年1月中旬までしか残っておらず、補給物資の調達が困難になった場合、安全確保のための帰還も検討している。
ISS1998年に組み立てがはじまった国際宇宙ステーション(ISS)は定員が7人ですが2000年以降からは常時2−3人の宇宙飛行士が滞在しています。だいたい3−6ヶ月で交代しますが現在はアメリカとロシアの2人が乗り込んでいます。

スペースシャトル「コロンビア」の事故以来スペースシャトルの打ち上げが中止されているためISSへの補給はロシアの補給線が行っていますが、積載量の少なさから積み荷が制限され食料の補給が後回しにされてきたようです。

宇宙飛行士のカロリーの1日の最低量は
(男性) 660+(13.7×体重(kg))+(5.0×身長(cm))-(6.8×年齢)
(女性) 665+( 9.6×体重(kg))+(1.7×身長(cm))-(4.7×年齢)
という公式で算出されています。僕だと2,200kcal少々になりますね。

ただ船外活動などをすることも考慮して3,000kcalは摂取できるメニューになっているそうですが、

今月24日に補給船の打ち上げが予定されているが、打ち上げの失敗や日程の大幅な遅れもありうる。このため当面は“ダイエット”で食糧を温存していく。補給船には、中国系米国人のリロイ・チャオ飛行士へのクリスマス・プレゼントとして、餃子などの点心が積まれる予定。
ちなみにロシア人飛行士にはチャーハンが積まれる予定だそうです。この差は何だ(笑)。

無事に打ち上げが成功することを祈りましょう。

<参考>「宇宙で満漢全席?」(サイト内リンク)

|

« 二日酔いしない飲酒量の計算式−忘年会の前に計算しておきましょう | Main | カラスの知能はチンパンジーなみ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/2228980

Listed below are links to weblogs that reference 宇宙ステーションで食料不足−ダイエットで乗り切れ:

» 宇宙ステーションに謎の付着物−エイリアンの卵でしょうか(笑) [大学への基礎数学-雑記帳]
なんだか映画のエイリアンのような状況です(笑) YomiuriONLINEより「 [Read More]

Tracked on 2005.01.28 at 02:21 AM

« 二日酔いしない飲酒量の計算式−忘年会の前に計算しておきましょう | Main | カラスの知能はチンパンジーなみ »