« ノートパソコンの熱が生殖機能に影響?−コタツもダメなんですか(笑) | Main | 体質の違いのデータベースほぼ完成−国際ハップマッププロジェクト »

2004.12.10

万里の長城が宇宙から見えるってまだ言ってたんですか

今年の春にも同じような記事が出ていましたが、あの国はなかなか粘りますね(笑)

YomiuriONKINEより「「万里の長城は宇宙から見えません」中国科学院が結論

「宇宙から見ることができる建造物」とされる中国の「万里の長城」について、中国科学院はこのほど、「肉眼では見えない」との最終結論を出した。
 8日の新華社電などによると、中国の科学者は、幅約10メートルの長城が肉眼で見えるのは、一般人で高度約36キロ、視力の優れた飛行士でも約62キロまでとし、「宇宙空間にはほど遠い」と指摘。また、金属建造物でない長城の光の反射には限度があり、「(宇宙船の)上昇か降下時に、長城が飛行士の目に入ることはあり得るが、ごく一瞬で、はっきり見るのは不可能」などとしている。
NASAはずいぶん前から宇宙飛行士たちの談話として「万里の長城が宇宙から見える」ことを否定していましたが、中国が公式に認めたのは、自国の「神舟五号」の楊利偉飛行士が見えなかったと発言したことがきっかけです。

もともと万里の長城が宇宙から見えるというのは、宇宙飛行士のアームストロングが言ったというような説が流れていますが、どうやら都市伝説のようです。

冷静に考えれば幅10m足らずの建築物が肉眼で見えるはずはありません。高度36kmといえば成層圏。宇宙空間をX-Prizeが目指した高度100kmとするとほど遠いですね。

もちろん衛星の高解像度写真なら見えるでしょうが。最近では民間衛星でも1画素が1平方メートル以下のものが撮られていますし。

中国の小学校国語教科書は、宇宙から肉眼で見える建築物として、長城とオランダの大堤防を挙げているが、中国教育省はすでに教科書の記述を修正する意向を示している。
教科書の訂正に乗り出したのも楊利偉飛行士の発言の後です。なかなかしぶとく粘りますね(笑)。

|

« ノートパソコンの熱が生殖機能に影響?−コタツもダメなんですか(笑) | Main | 体質の違いのデータベースほぼ完成−国際ハップマッププロジェクト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/2217676

Listed below are links to weblogs that reference 万里の長城が宇宙から見えるってまだ言ってたんですか:

« ノートパソコンの熱が生殖機能に影響?−コタツもダメなんですか(笑) | Main | 体質の違いのデータベースほぼ完成−国際ハップマッププロジェクト »