« 新種のクジラか−新たな歌声発見 | Main | 深海細菌のゲノム解析 »

2004.12.23

世界最大級のロケット打ち上げ−ボーイング

Asahi.comより「世界最大級の次世代ロケット打ち上げ 米ボーイング社

米ボーイング社の世界最大級ロケット「デルタ4ヘビー」が21日、フロリダ州のケープカナベラル空軍基地から初めて打ち上げられた。今後、軍事偵察衛星の軌道投入のほか、米航空宇宙局(NASA)がスペースシャトルの引退を見越して検討している新輸送システムなど、有人宇宙船の打ち上げにも使われる可能性がある。
DELTA IV Heavyデルタロケットはアメリカの人工衛星打ち上げのためのロケットの代表格です。40年以上に渡り改良を加えつつ打ち上げられています。その中でもデルタIVシリーズは新規に設計された大型ロケットで、組合せにより3種類5形式の構成が可能となっています。1段目に第1段エンジンを3つならべることで世界最高の打ち上げ能力を誇ります。

世界各国でも、人工衛星や宇宙船を打ち上げるためにさまざまなロケットが開発されています。人工衛星打上げ用ロケットとしては、インドのSLV-3、日本の H-IIA、アメリカのデルタ、中国の長征、ESAのアリアンなどがあります。

デルタ4ヘビーは2段式で、全長は20階建てビルより高い約72メートル。通常のデルタ4の第1段エンジンを横に三つ並べ、約22トンの物資を低軌道に、約13トンの衛星を静止遷移軌道に打ち上げる能力がある。
他を圧倒する能力のデルタIVヘビーですが、間近で打ち上げを見るとその迫力は凄まじいものかもしれません。

<参考>ボーイング

|

« 新種のクジラか−新たな歌声発見 | Main | 深海細菌のゲノム解析 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/2346060

Listed below are links to weblogs that reference 世界最大級のロケット打ち上げ−ボーイング:

» X線天文衛星の打ち上げに成功−X線天文学はやはり世界をリードできるか [大学への基礎数学-雑記帳]
Asahi.comより「M5ロケット発射成功 X線天文衛星、「すざく」と命名」 [Read More]

Tracked on 2005.07.12 at 01:37 AM

« 新種のクジラか−新たな歌声発見 | Main | 深海細菌のゲノム解析 »