« 副甲状腺はエラだった | Main | 国際的にも学力低下を示しちゃった?−日本人ずべての問題かも »

2004.12.08

米国人の肥満で豪華客船の椅子が壊れる?

南の島まで船旅をしたことがあります。といっても沖縄に船で行っただけですが。さらに途中で台風よる時化に遭遇。結局ずっとトイレにうずくまってました(笑)

UKTodayより「乗客の太りすぎが原因!?――クイーン・メアリー2世号、早くも椅子の修理・交換が必要に!

世界最大の豪華客船「クイーン・メアリー2世号」が、今年1月から就航を開始したばかりにもかかわらず、早くも修理・交換が必要とされるほど、船内の椅子の損傷が激しく、予想をはるかに上回る乗客の体重がその原因にあると考えられていることが伝えられた。
クイーン・メアリー2世号この船、今年1月に就航したばかりでしたよね(笑)

建造費に5億5000万ポンド(約990億円)を費やしたとされるこの客船。全長345m、航行時の海面からの高さは71.9mになります。自由の女神像より高いです(笑)

でも椅子ってそんなに簡単に壊れるものですか。やはり14日間で最低40万円の料金を払うと椅子に腰掛けるときもぞんざいな態度になるんでしょうか。

一度でいいからすわってみたい(乗ってみたいなんていいません)。

乗客は、船内10ヵ所あるレストランなどでの食事や、豪華なシャンデリアの下でのアフタヌーン・ティーなどを楽しむことができるとされるが、ただでさえ体重過剰である乗客が、贅沢な航海を終えて下船する時にはさらに体重が増えていることも多く、このような乗客の体重増がレストラン・エリアの椅子の損傷を招いたものとみられている。ちなみにこのような客はほとんどが年配のアメリカ人であるとする憶測がとびかっている。
ちなみに1年間の保証期間内なので無料でメーカーに直してもらえるとか(笑)

|

« 副甲状腺はエラだった | Main | 国際的にも学力低下を示しちゃった?−日本人ずべての問題かも »

Comments

似たようなニュースで、米国人の太り過ぎで医療機器が使えないケースが結構あるという話を読みました。
前の旅客機の件といい、完全に肥満が社会問題化してますね。

Posted by: 黒影 | 2004.12.08 at 01:43 AM

医療機器が使えないってCTとかの中に入れないってことですか?

10年前にイメージされてたジョギングとビール代わりのミネラルウォーターで体重と健康管理をしているアメリカ人はどこにいったんでしょう。

日本もそうなるのか。

Posted by: Fum | 2004.12.09 at 01:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/2187822

Listed below are links to weblogs that reference 米国人の肥満で豪華客船の椅子が壊れる?:

» アメリカに長く住むと肥満になるそうです(笑) [大学への基礎数学-雑記帳]
僕はアメリカに飛ばされる心配はないと思うので安心ですが(笑) Yahoo!NEW [Read More]

Tracked on 2005.01.25 at 05:24 PM

« 副甲状腺はエラだった | Main | 国際的にも学力低下を示しちゃった?−日本人ずべての問題かも »