« イネのゲノム解析ほぼ終了−遺伝子数はヒトより多いです | Main | 飲む内視鏡の開発−気分はミクロの決死圏 »

2004.12.01

嘘をついているときは脳がフル回転−嘘つくのは難しい(笑)

息子(4歳)は外から帰ったときに妻に「手を洗った?」と聞かれると必ず「洗った!」と答えます。でも彼の手は見るからに泥だらけ。この先が心配です(笑)

YomiuriONLINEより「ウソつくと脳がフル回転…米チーム、MRIで解析

うそをついている時の方が、本当のことを話している時より多くの脳の部分を使用していることが、米テンプル大医学部などの研究でわかった。うそをついている時に活性化している脳の部分の中には、行動の動機付けや感情に伴う変化を支配している重要部分が含まれ、うそをつくという人間の特徴的な行動の謎を解く重要な成果として注目される。
確かに嘘をつく方が頭を使いますね。妻に嘘をつくときなんか頭がフル回転です。でも何故かばれるんですが(笑)

調査では、模造銃を撃たせた上で「撃っていない」と嘘をつくことを指示された6人の被験者と、ありのままを話した3人の被験者の脳を機能的MRI装置で断層撮影したようです。

その結果、うそをついている時には、脳の前頭葉の内側にある、怒りや恐れなどのどきどき感のような感情に伴う生理変化に関係する特殊な皮質が活性化。本当のことを話している人は、別の内側部分や前頭葉、側頭葉が活性化していた。活性化した部分の数は、うそつき時に7か所、本当のことを話した時で4か所だった。
アメリカでは今テロ対策で嘘発見技術の開発に力を入れています。音声解読技術を使った嘘発見器の開発も進んでいますがまだまだ実現にはほど遠いようです。

こちらの方が先に実用化されればどうなるんでしょうか。fMRIが小型化されコストも安くなればアメリカの空港に配置されるなんてことになるかも。イミグレーションのときに脳の断層画像を見られたりして(笑)

<参考>「嘘を見破る能力を持った人は1000人に1人−うちの妻は・・・


|

« イネのゲノム解析ほぼ終了−遺伝子数はヒトより多いです | Main | 飲む内視鏡の開発−気分はミクロの決死圏 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/2119003

Listed below are links to weblogs that reference 嘘をついているときは脳がフル回転−嘘つくのは難しい(笑):

» 胃腸の変化を測定する嘘発見器 [大学への基礎数学-雑記帳]
日経Healthより「胃腸の電流を調べて「うそ発見」」 うそ発見器(ポリグラフ) [Read More]

Tracked on 2005.11.18 at 12:57 AM

« イネのゲノム解析ほぼ終了−遺伝子数はヒトより多いです | Main | 飲む内視鏡の開発−気分はミクロの決死圏 »