« 遺伝子が壊れて繁殖がはじまる−ダーウィンの仮説の証拠 | Main | 東京はかつて京都と呼ばれていた−フィリピンの教科書より »

2004.12.18

ブッシュ大統領の一声でGPSは利用停止になるのか?

カーナビを見て運転するようになってからどうも道を覚えなくなりました。ナビがなかったらどこへも行けないかもしれません。なんせ隣の人間ナビゲータ(妻)は全く当てになりません。地図を見させても右を左っていうことはしょっちゅう(笑)

WiredNEWSより「米政府、「国家的危機」時にGPSを遮断する計画を検討

ホワイトハウスの15日(米国時間)の発表によると、ブッシュ大統領は、国家が危機的状況にある間、米国のGPS衛星ネットワークを一時的に使用不能にする計画を検討するよう命じたという。テロリストにこのナビゲーション技術を使わせないためだ。
GPS(全地球測位システム)はアメリカが打ち上げた27基の衛星を利用して現在位置を特定するシステムです。本来軍事用のシステムであり、一般に開放されてはいますがもともと意図的に制度を下げるためのスクランブルがかけられていました。

このスクランブルはクリントン前米大統領により2000年5月に停止。結果、民間のGPSの精度は約50mから数mへと一気にあがりました。

今GPSを利用しているのは車だけでなく、航空機、船舶、日本では地震予知のための地殻変動監視システムなどにも利用されています。

国防総省と米国土安全保障省に対するブッシュ大統領の指示は、大統領が今月署名した宇宙政策の一環として出されたもの。この宇宙政策では、GPSネットワークは米政府の重要なインフラの一部とされている。15日には、この新政策の機密事項を除いた部分が公表された。
このGPSは当然、軍事利用が第一の目的です。ピンポイント爆撃も、ミサイルトも、イージス艦もアパッチヘリも戦車も全てGPSを利用しています。これは敵国にとっても同様。GPSがなければ戦争はできないのが現状です。

つまりはブッシュ大統領の一声で戦時には大幅なスクランブルがかけられることは考えられますし、一気に突っ走るあの国ですから突然GPS利用停止ということも・・・。民生用として各国が頼り切っているシステムですからそう簡単には停止しないでしょうが、アメリカが理性を失えば可能性はあります。

EUではこれに対抗して自前のGPSであるガリレオ計画を進行中ですが、まだまだ完成は先のようです。

明日道に迷ったらブッシュ大統領のせい?

|

« 遺伝子が壊れて繁殖がはじまる−ダーウィンの仮説の証拠 | Main | 東京はかつて京都と呼ばれていた−フィリピンの教科書より »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/2299801

Listed below are links to weblogs that reference ブッシュ大統領の一声でGPSは利用停止になるのか?:

« 遺伝子が壊れて繁殖がはじまる−ダーウィンの仮説の証拠 | Main | 東京はかつて京都と呼ばれていた−フィリピンの教科書より »