« アメリカに長く住むと肥満になるそうです(笑) | Main | 温暖化は人権侵害−イヌイットの訴え »

2004.12.16

ASIMO ver.3誕生−今度は走ります!

いつかはASIMOが会社や家庭の中をウロウロとするんでしょうか。

毎日新聞より「人間型ロボット・アシモ:改良し「お利口」に−ホンダが公開

ホンダは二足歩行する人間型ロボット「ASIMO(アシモ)」の改良型を開発し、15日公開した。歩行時のスリップ防止や着地時の衝撃を吸収する新技術を導入、関節の動作数も増やして、より「人間らしい」歩き方に。歩行の速度は時速1・6キロから2・5キロにアップし、時速3キロのスピードでゆっくり走ることも可能になった。
ASIMOASIMOは2000年に初代が開発され、02年に顔や体の輪郭を識別する技術を追加。今度のASIMOはVer.3ということになります。

身長が10cmのび130cmに、首をかしげられるなど表現力もアップしています。関節の自由度が26から34へと増したためしぐさに滑らかさがでてきました。歩行速度も時速1.6kmから2.5kmに。今回のウリはセンサで得た周囲情報とあらかじめ入力しておいた地図情報を照合し、立ち止まることなく目的地まで到達できる、つまり自立走行ができること。そしてなによりも走れることです。

ハードウェアの応答速度を4倍以上に早め、高剛性の脚機構を備えたことで脚の蹴り、振り出し、着地をきわめて短時間に行い、着地時の衝撃も吸収させています。

映像を見たとき「お猿の駕籠屋」を思い出してしまいました(笑)

人の動きに同調して自然に握手したり、ものの受け渡しもできるようになるなど、改良型アシモはずいぶん「お利口」になった。
ホンダによれば2010年までには会社などで書類運びができるロボットに進化させたいとのこと。

2010年とはいいませんが、あと10数年もすればロボットがウェイターなどをやっているのが当たり前になるかも。フリーターの働き口がなくなりそうです(笑)

<参考>HONDA

|

« アメリカに長く住むと肥満になるそうです(笑) | Main | 温暖化は人権侵害−イヌイットの訴え »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/2280953

Listed below are links to weblogs that reference ASIMO ver.3誕生−今度は走ります!:

« アメリカに長く住むと肥満になるそうです(笑) | Main | 温暖化は人権侵害−イヌイットの訴え »