« 2000年前のおしろい−サラサラ感はばっちり! | Main | 花粉症持ちにとって来春は地獄? »

2004.11.05

精子のもと(精原幹細胞)の増殖に成功−男性の存在意義が

クローンの可能性が取りざたされて、男性の存在意義がだんだん薄れているようで寂しいですが(笑)

Yahoo!NEWSより「精子のもとを大量増殖 将来は不妊の治療にも

精子のもとになる細胞を体外で大量に増やす方法を米ペンシルベニア大の久保田浩司助手(細胞生物学)らのチームが開発、3日までに米科学アカデミー紀要(電子版)に発表した。希少動物の保護や、将来は人間の不妊治療にも応用が期待できるという。

精子の形成は始原生殖細胞が精原幹細胞に分化するところからはじまります。精原幹細胞はその後、体細胞分裂で数をふやし精原細胞、精母細胞をへて減数分裂で精細胞になります。この精細胞が形態変化して運動能力を獲得しできるのが精子です。

ヒトの場合、一日に作られる精子は約100,000,000個といわれています。

この研究ではこの精原幹細胞の増殖に成功したようです。

 久保田さんらはマウスの実験で、精巣の細胞3000−5000個に1個しかないこの幹細胞を、さまざまな目印を使ってより分け、取り出すことに成功。次に、神経を保護する特殊なタンパク質を加えると、この細胞を試験管内で継続的に増やせることを初めて突き止めた。

生殖能力の弱い絶滅危惧種などの繁殖に利用できるかもしれません。

でもこれじゃ、ますます男性の存在意義が・・・。

|

« 2000年前のおしろい−サラサラ感はばっちり! | Main | 花粉症持ちにとって来春は地獄? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/1868273

Listed below are links to weblogs that reference 精子のもと(精原幹細胞)の増殖に成功−男性の存在意義が:

« 2000年前のおしろい−サラサラ感はばっちり! | Main | 花粉症持ちにとって来春は地獄? »