« 新種の魚106種類が登録−地球上には何種の生物がいるのか | Main | 曲げられるトランジスタの開発−べキッと割れませんように »

2004.11.25

ゴホンときたらチョコレート−ココアでもいいのかな?

娘(5歳)が風邪を引いて寝ているときに空咳ばかりしています。で、わが家の寝室では加湿器がうなりをあげているんですが、うちの加湿器のうるさいこと。娘は空咳で寝不足ですが僕は加湿器で寝不足です(笑)

UKTodayより「チョコレート好きに新たな朗報!? 含有成分、テオブロミンに咳止め効果!

チョコレートの原料となるカカオに含まれる成分テオブロミンに咳止め効果があり、その効果は現在多くの咳止め薬の主成分として使用されているコデインよりも強力であるとの研究結果が発表されたことが伝えられた。
調査したのはインペリアル・カレッジ・ロンドンとロイヤル・ブロンプトン病院の研究チーム。被験者10名にテオブロミンとコデイン、そして擬似薬を与え、その後、咳を誘発する成分カプサイシンを吸引させ、それぞれの薬が咳に対してどれだけの効力をもつか調べたとのことです。
その結果、テオブロミンを与えられた被験者は、咳を5回するまでに、擬似薬を与えられた場合に比べて3倍も濃度の強いカプサイシンが必要だったのに対し、コデインを与えられた被験者は擬似薬を与えられた場合と比べて、わずかに高い程度の濃度で咳を5回するにいたり、テオブロミンが強い咳止め効果をもつことが立証された。
テオブロミンはカカオ豆などに含まれるプリン誘導体です。血管を拡張させて血流量を上げ、体温を上昇させる働きをもちます。また、脳内物質のセロトニンに働きかけてリラックスさせる作用があるともいわれています。

ちなみに犬には毒物であるというのは犬を飼っている人は知っている人も多いでしょう。
このテオブロミン、ココアにも多く含まれています。咳をすればココアを飲めばいい(?)

|

« 新種の魚106種類が登録−地球上には何種の生物がいるのか | Main | 曲げられるトランジスタの開発−べキッと割れませんように »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/2057823

Listed below are links to weblogs that reference ゴホンときたらチョコレート−ココアでもいいのかな?:

« 新種の魚106種類が登録−地球上には何種の生物がいるのか | Main | 曲げられるトランジスタの開発−べキッと割れませんように »