« 脳腫瘍のガン幹細胞を発見−また一歩前進 | Main | 新種の魚106種類が登録−地球上には何種の生物がいるのか »

2004.11.24

「懐柔する」ことができない大学生−知らないだけですが

息子(4歳)が「えこひいき」という言葉を気に入ったらしくさかんに使っています。昨日も夕食で「このキュウリえこひいきしていい?」。彼は横にのっていたトマトが嫌いなのです(笑)

SankeiWEBより「「日本語力」低下 4年制私大、国立さえ… 「留学生以下」お寒い大学生

大学生の「日本語力」が低下し、中学生レベルの国語力しかない学生が国立大で6%、四年制私立大で20%、短大では35%にのぼることが独立行政法人「メディア教育開発センター」(千葉市)の小野博教授(コミュニケーション科学)らの調査で分かった。「憂える」の意味を「喜ぶ」と思いこんでいる学生が多いなど、外国人留学生より劣る実態で、授業に支障が出るケースもあるという。同教授は「入学後の日本語のリメディアル(やり直し)教育が必要」と指摘する。
国語力の低下があちこちで叫ばれて久しいですが、なかなか改善されるところまではいかないようです。留学生以下ってのが悲しい。留学生に日本語教えてもらうんでしょうか(笑)

僕個人としては、勉強の第一は国語だと思っています。論理的な思考を養成するのも国語力でしょう。初等教育でも読書指導や作文指導はさかんに行われていますがこの結果です。核家族化や少子化などの影響で論理的な言語感覚を養う必要性が薄れてきたのが国語力の低下の大きな原因ではないでしょうか。やはり国語教育は家庭に帰するのでは。

調査では大学・短大の学生13,000人を対象に中一から高三相当の問題を盛り込んだテストを行ったとのこと。

その結果、中学生レベルと判定された学生は、五年前に行われた調査と比較して、国立大が0・3%から6%、私立大が6・8%から20%、短大が18・7%から35%と、数年間で大きく増加していることが分かった。
中学生レベルと判定された学生の語義の正答率は、露骨に(正答率16.7%)、憂える(0%)、懐柔する(0%)などであったようです。

でもここで出てくる「リメディアル教育」って何ですか。「補習授業」でいいんじゃないですか(笑)

<参考>独立行政法人メディア教育開発センター・「「拝啓」使えない高校生・・・僕も」(サイト内リンク)

|

« 脳腫瘍のガン幹細胞を発見−また一歩前進 | Main | 新種の魚106種類が登録−地球上には何種の生物がいるのか »

Comments

こんにちは。「勉強の第1番は国語」,大賛成です。
ニュースで,この話題を知ったのですが,ニュースソースが見つからなかったので助かりました。

理系離れが叫ばれていますが,じゃあ文系はできるのかというと,そうではない実態が浮き彫りになりますね。

Posted by: 小ト短調 | 2004.11.25 at 05:34 AM

教育だけの責任ではないでしょうし、ポリシーもなく少子化だけを恐れ入試教科を減らしたり難易度を下げてこのような大学生を受け入れてきた大学側にも何か考えて欲しいところですが。

Posted by: Fum | 2004.11.26 at 02:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/2050793

Listed below are links to weblogs that reference 「懐柔する」ことができない大学生−知らないだけですが:

» 青田刈り、汚名挽回、年配者の方が誤用が多い! [大学への基礎数学-雑記帳]
毎日新聞より「国語世論調査:慣用句は20代以下の方が正しく使う!?」 慣用句の「 [Read More]

Tracked on 2005.07.13 at 01:28 AM

« 脳腫瘍のガン幹細胞を発見−また一歩前進 | Main | 新種の魚106種類が登録−地球上には何種の生物がいるのか »