« 米国は肥満が進んで航空機の燃費が悪くなっているそうです(笑) | Main | くねくね動く五重塔−住むならこれだ »

2004.11.08

縄文人、東海と関東では大違い

YomiuriONLINEより「縄文人の由来は多様?歯の特徴、東海と関東で大違い

均質一様な集団とみられがちな縄文人にも、固有な特徴を持つ集団が地域ごとに群居していた可能性が高いことが、京都大大学院の橋本裕子・研究員(自然人類学)の調査で浮かび上がった。縄文時代の9つの遺跡から発掘された482人分の歯の特徴を分析した結果、東海地方と関東地方では大きな違いがあったことが判明した。

調べたのは縄文後期から晩期にかけての9つの遺跡から発見されていた482人分の人骨の歯の部分。前歯の裏のくぼみの有無や奥歯の形など計15項目を調べたそうです。同じ地域で出土した歯の形状は酷似していましたが、地域が異なれば大きく特徴が異なったようです。

縄文人に関する研究が始まったのは130年前にモースが大森貝塚を発見してからですが、縄文人がどこから日本にやってきたのかという問いに対してはまだまだ確定された答が出ているとはいえません。

骨格や言語、衣食住、血液型、遺伝性の病気などから様々な検討が行われていますが、いちばん注目を集めたのはミトコンドリアDNAによる調査でしょう。それによれば縄文人はアイヌの祖先の人々と沖縄の人々の祖先、それに加え日本列島中部に暮らす集団など多様な集団から構成されたようです。この調査も多様性を裏付けるものになります。

 橋本研究員によると、調査対象の遺跡は摂取食物が異ならない、いずれも沿岸部地域で、歯の形状の違いは、食べ物の違いに由来するものではなく、遺伝的な違いを反映していると考えられるという。

祖先に関する興味はつきません。

|

« 米国は肥満が進んで航空機の燃費が悪くなっているそうです(笑) | Main | くねくね動く五重塔−住むならこれだ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/1897414

Listed below are links to weblogs that reference 縄文人、東海と関東では大違い:

« 米国は肥満が進んで航空機の燃費が悪くなっているそうです(笑) | Main | くねくね動く五重塔−住むならこれだ »