« 中学生の2割が抑うつ傾向 | Main | 歯周病が早産をまねく »

2004.11.02

民主党員と共和党員の脳の違いをfMRIで

いよいよ大統領選挙も投票です。米国と一蓮托生の極東の某国にとっても重大事ですね(笑)

WiredNEWSより「民主党員と共和党員の脳の違いをスキャン技術で探る

 今年9月、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のジョシュア・フリードマン博士とマルコ・イアコボーニ博士は、共和党員と民主党員それぞれ10名ずつの脳をスキャンする作業を終えた。各被験者には、3名の大統領候補――現職のジョージ・W・ブッシュ大統領、ジョン・ケリー上院議員、ラルフ・ネーダー氏――の画像を見せた。
 自分の支持する候補を見ているときは、すべての被験者で脳内の共感に関係があるとされる部位の活動が活発化した。これに対して、対立候補を見ているときには全員、感情を意識的にコントロールしようとする際に使われる部位の血流に増加がみられた。この現象は、被験者が意図的に対立候補を嫌おうとしていたことを示唆している。

fMRI画像
fMRIはMRI装置の中で被験者がある作業などを行ったときの脳の活動状態を撮影し画像化する装置です。

その他にも脳内の活動がPETや脳磁計、光トポグラフィーなどを通じて捉えることができるようになってきました。

この脳内活動の画像化によって盛り上がってきているのが心理学や行動科学の分野です。特に最近では消費者の好き嫌いなど、購買決定の分析に使われたりもしているようです。
あらゆる最新の知見を駆使して行われる大統領選挙。有権者の行動パターンの把握に使われても不思議ではありませんね。

 しかしながら、民主党員と共和党員の脳の活動には、いくつかの違いが浮かび上がった。たとえば共感の場合、民主党を支持するある被験者の脳は、ケリー上院議員の画像を目にして、「まるで美しい夕焼けを見たような、非常に深い一体感に」満たされて活性化した、とフリードマン博士は述べている。共和党員がブッシュ大統領の画像を見たときの脳の活動は、「実際に人と接した場合に近く、たとえば、自分が誰かに微笑んだら、その人も微笑を返してきたような」反応だったという。

たとえが全然分かりません(笑) せっかくfMRIを使っているのに「美しい夕焼けを見たときの一体感」なんていわれても。

それ以外には9.11の画像を見せたときに蛇を見たとき活性化する部分(小脳扁桃)が活性化した人数は民主党員の方が多かったそうです。

さて結果はどうなりますか。

|

« 中学生の2割が抑うつ傾向 | Main | 歯周病が早産をまねく »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/1836404

Listed below are links to weblogs that reference 民主党員と共和党員の脳の違いをfMRIで:

« 中学生の2割が抑うつ傾向 | Main | 歯周病が早産をまねく »