« 1万8000年前に別種の人類−インドネシアで発見 | Main | 念じるだけで義手を動かす−サルでもできます(笑) »

2004.10.29

クローン猫の次は遺伝子組み換え猫発売

妻の実家で猫を飼っていますが、出産後に猫アレルギーになった妻は実家に行くたびに苦しんでます。昔はかわいがってくれたのにとうらめしそうな猫(笑)

CNNより「人間へのアレルギー反応抑え、「遺伝子組み換え猫」開発へ

米バイオテクノロジーの「Allerca」社(本社・カリフォルニア州ロサンゼルス)は26日、遺伝子組み換え技術で人間のアレルギー反応の原因となる物質の生成を抑制した「猫」の開発に着手したと発表、予約の受け付けを開始した。愛玩動物で遺伝子組み換えが行われるのは世界で初めてとみられる。

クローン猫を作る会社がありましたが、今度は遺伝子組み換え猫。

動物はすべてアレルゲンになりますが、その中でも猫は特にアレルゲン活性が強いといわれています。猫の毛、皮膚、唾液などが室内に散乱しそれを吸収することでアレルギー症状が出てきます。

アメリカの統計では猫アレルギーは全米で600万人。問題はそのうち3分の1が猫好きなことです。毎日、目をこすりながら猫と生活しているとか。

価格は1匹3500ドル(約37万円)。インターネットでの注文を既に受け付けており、予約の際に前金として250ドル(約2万6000円)を支払う。受け渡しは2007年の予定で、サイモン・ブロディー社長はAP通信に、米国内だけで20万匹が売れる見込み、と語った。同社によれば、これまで米国、欧州、日本などから数千件の予約を受けたという。

ジーンサイレシングという技術を用いて、アレルギーを引き起こすタンパク質を抑制させるようです。ジーンサイレシングは植物ではよく聞きますができるのかな。

開発に着手した段階で予約が入るってのもすごいですね。一応、交配しないように去勢をするそうです。猫の種類はブリティッシュ・ショートヘア。

通信販売したらうちの母は飛びつくかも(笑)。

<参考>Allerca社

|

« 1万8000年前に別種の人類−インドネシアで発見 | Main | 念じるだけで義手を動かす−サルでもできます(笑) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/1799580

Listed below are links to weblogs that reference クローン猫の次は遺伝子組み換え猫発売:

« 1万8000年前に別種の人類−インドネシアで発見 | Main | 念じるだけで義手を動かす−サルでもできます(笑) »