« ゲーム脳の恐怖−さて冷静になれば | Main | 宇宙葬大人気−でもエネルギーの無駄遣いじゃないのかな »

2004.10.22

筑波で高地トレーニング−ただしルームランナー使用です

この施設を日本が独自にもつ意味があるのかな・・・。

Yahoo!NEWSより「宇宙気分でランニング? がら空き施設を有効活用」(共同通信)

 茨城県つくば市にある宇宙航空研究開発機構・筑波宇宙センターの宇宙飛行士訓練施設でスポーツ選手の練習などの受け入れ事業が始まることになり、21日、施設が報道陣に公開された。気圧の低い環境をつくれるため、高地トレーニングのような心肺機能向上が期待できるという。

開放されるのはJAXAの筑波宇宙センターで宇宙飛行士養成に使われる「低圧環境適応訓練設備」。幅3m、奥行き10m、高さ4mの空間で、気圧は上空3万m相当の低さまで調節することができます。

高地トレーニングにそこまでの低圧は必要ないんですけど(笑)

で、その広さではルームランナー使用ですね。

 同施設は昨年2週間使われただけで、現時点でスケジュールはほぼがら空き状態。有効活用のため宇宙機構が公募し、宇宙関連設備の開発を手がける民間企業エイ・イー・エス(東京)が事業を始めることになった。

むしろ低圧で大きな空間を利用する実験とかないんでしょうか。

1日あたり10万−20万円程度の料金でとのことです。ちょっとお高いかな(笑) 案外、大学の陸上部あたりに人気になるかもしれませんね。

|

« ゲーム脳の恐怖−さて冷静になれば | Main | 宇宙葬大人気−でもエネルギーの無駄遣いじゃないのかな »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/1741438

Listed below are links to weblogs that reference 筑波で高地トレーニング−ただしルームランナー使用です:

« ゲーム脳の恐怖−さて冷静になれば | Main | 宇宙葬大人気−でもエネルギーの無駄遣いじゃないのかな »