« 卵巣移植で妊娠−子どもは誰の子? | Main | ヒトの遺伝子数は2万2千個−ハエとあまりかわりません »

2004.10.21

散々な一日

台風一過です。早くから警報がでていたので風邪を引いて微熱のあった僕は早々に帰宅しましたが、家の前の桂川が増水。氾濫の危機におびえるという散々な一日でした。

嵐山の渡月橋も見事に濁流にのみこまれてました。

なんとか浸水の危機はのがれましたが、風邪はひどくなるし仕事は溜まるし、最悪だぁ!

|

« 卵巣移植で妊娠−子どもは誰の子? | Main | ヒトの遺伝子数は2万2千個−ハエとあまりかわりません »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/1735946

Listed below are links to weblogs that reference 散々な一日:

« 卵巣移植で妊娠−子どもは誰の子? | Main | ヒトの遺伝子数は2万2千個−ハエとあまりかわりません »