« 魚をよく食べる人のほうが自殺しにくい? | Main | バイリンガルは脳の構造が違う−ただし幼児期にバイリンガルになったときだけ »

2004.10.18

人工衛星が降ってきた−民家を直撃

隕石が降ってくるのも困りものですが、人工衛星が落ちてくるなんて・・・

Yahoo!NEWSより「中国の衛星、民家直撃 四川省東部」(共同通信)

17日の中国各紙によると、中国の帰還式の科学技術試験衛星が15日、地上に落下した際、四川省東部の遂寧市大英県の民家を直撃していたことが分かった。
 パラシュートを開いて落下した衛星は4階建て民家の屋根に落ちて建物は大破。住人はその5分前に外出していて危うく難を逃れ、付近の市民にもけがはなかった。

外出してなかったらどうなってたんでしょうか。中国は今年にはいって衛星をどんどん打ち上げていますが、落ちるところまで気をつかってくださいね(笑)

人工衛星が地球に再突入する数は非常に多いようです。その場合、地表に達するまでに燃え尽きてしまうのが普通ですが、過去に数十件は燃え尽きずに地表に落下したものがあります。1997年1月にはアメリカのオクラホマ州で落下してきたデルタロケットの2段目と思われる物体に女性が当たっています。幸いにもケガはなかったようですが。

 衛星は9月27日に打ち上げ。落下予定地となった同市は事前に回収本部を設けて衛星を追跡、落下から10分後に現場の民家に担当者が駆け付けて回収した。衛星の観測機器に異常はなかったという。

衛星の観測機器に異常はなかったとかそういう話じゃないように思うんですが(笑)

これからは宇宙からの落下物にも気をつけましょう(笑)

|

« 魚をよく食べる人のほうが自殺しにくい? | Main | バイリンガルは脳の構造が違う−ただし幼児期にバイリンガルになったときだけ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/1711545

Listed below are links to weblogs that reference 人工衛星が降ってきた−民家を直撃:

« 魚をよく食べる人のほうが自殺しにくい? | Main | バイリンガルは脳の構造が違う−ただし幼児期にバイリンガルになったときだけ »