« 究極のダイエット?−でも実現はむずかしそう | Main | 人工衛星が降ってきた−民家を直撃 »

2004.10.18

魚をよく食べる人のほうが自殺しにくい?

魚の効用は思わぬ所にもあらわれているようです。

Yahoo!NEWSより「魚よく食べる人、自殺しにくい?=リスク8分の1−日中共同研究」(時事通信)

魚をよく食べる人は、そうでない人より自殺のリスクが低い−。こんな研究結果を富山医科薬科大と中国・大連医科大の共同研究チームがまとめ、米国の医学専門誌「バイオロジカル・サイカイアトリー」に発表した。

魚に含まれる不飽和脂肪酸のエイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)の効用はさまざまいわれていますが、精神病の症状がやわらぐことなども可能性として指摘されています。

 研究チームは2002年4月から7月にかけ、大連医科大の救急病棟に入院した自殺未遂者100人と、事故で入院した患者100人の血液を採取。魚の油に含まれる脂肪酸、エイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)の赤血球中の濃度を測定した。両群を比較すると、自殺未遂者の方がEPA、DHAとも濃度が低かった。

200人をEPA、DHAの王度が低い順に4グループにわけると濃度が高いグループの自殺リスクは濃度が低いグループに比べてEPAで約8分の1、DHAで約5分の1だったようです。

DHAやEPAの効用としては成人病予防、老化防止、ガンの転移防止、アレルギーの防止などさまざまなものがあげられます。同じ不飽和脂肪酸でも肉のものが目の敵にされるのとは大違い(笑)

背の青い魚に多く含まれ、焼いたり揚げたりすると脂肪分と一緒に外に流れ出すようですから要注意。

でも魚の消費量が多い割に日本は自殺率が高いんですが。魚を食べなきゃもっと高くなるということですか?

|

« 究極のダイエット?−でも実現はむずかしそう | Main | 人工衛星が降ってきた−民家を直撃 »

Comments

魚油(fish oil)は、抗うつ剤のような副作用がないため、アメリカでは正式にうつ病の治療に使われています。医学的にも効果が認められつつあるようです。

効果があるといっても、量的には結構摂らないといけないようで、多分1日に青魚を1匹食べるくらいでは足りないでしょうね。結局サプリメントの力に頼るしかないのか…(ちなみに一日4~6カプセルが標準です)私も試してみましたが、3週間くらいで効果が実感できました。

Posted by: Sana | 2004.10.18 at 07:39 PM

 実際にうつの治療にも利用されてるんですね。いいことばかりでまた「魚、魚、魚- 魚をたべると-」の歌が頭の中を駆けめぐりそうです(笑)

Posted by: Fum | 2004.10.18 at 10:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/1710844

Listed below are links to weblogs that reference 魚をよく食べる人のほうが自殺しにくい?:

« 究極のダイエット?−でも実現はむずかしそう | Main | 人工衛星が降ってきた−民家を直撃 »