« 一般向け宇宙観光旅行−100分の1のディスカウントです | Main | 子どものほうが環境に敏感−あとは・・・ »

2004.09.29

新元素発見−ニッポニウムの無念を晴らせるか

原子番号113の元素は昨年すでに合成されたと思っていたのですが、

毎日新聞より「理研:「最も重い新元素」生成に成功

 これまで存在が確認されたどの元素より重い、新元素の生成に成功したと理化学研究所が28日、発表した。日本の研究チームが単独で新元素を発見したのは初めて。新元素の原子核は陽子113個と中性子165個でできており、原子番号は113番。データが補強され、新元素と認められれば、国際学会から研究チームに元素の命名権が与えられる。日本にちなんだ「ジャポニウム」や理研にちなんだ「リケニウム」などの名前が候補にあがっている。

いわゆる超重元素といわれるものです。地上に存在する最も原子番号の大きい元素はウラン(原子番号92)ですが、それよりも原子番号の大きい元素が加速器などを用いて合成されてきました。

周期表にはだいたい原子番号103のローレンシウムまでしかのっていないことが多いのですが、それより原子番号が大きい元素は不安定で寿命が短いためです。

原子番号の大きい元素としては113のウンウントリウム、114のウンウンクアジウム、115のウンウンペンチウム、116のウンウンヘキシウム、117のウンウンセプチウム、118のウンウンオクチウムなどがあります。変わった名前ですが全て仮称で発見者に命名権が与えられます。

このうち113、114、115、118の元素はすでに発見されたと思っていたのですが、データが不十分で命名権は与えられていないとのこと。今回は大丈夫なんでしょうか(笑)

 理研の森田浩介・先任研究員らは今年5月、毎秒2兆5000億個の亜鉛原子(陽子数30個)をビスマス原子(同83個)に高速で衝突させる実験を始めた。80日間続け、陽子数113個の新元素の原子を1個確認した。この原子は放射線を出し、約1万分の3秒後により軽い元素に変わった。

113の元素は2003年にアメリカとロシアのチームによって初めて確認されました。そのときは確か1.2秒ほど存在していましたが、今回は1万分の3秒。ずいぶん寿命が短くなりました。

アメリカとロシアのチームに命名権が与えられていないということは存在がその後確認できなかったということでしょうか。この世界にもゴッドハンドは存在していて、原子番号116の元素は1999年にアメリカの科学者が発見したといわれていましたがその後捏造であることが判明しています。

日本人が発見した元素といえば、元東北大総長の小川正孝教授が「ニッポニウム」という元素を発見したとされましたがいくつかの誤りが判明し周期表から消されてしまいました。残念。

|

« 一般向け宇宙観光旅行−100分の1のディスカウントです | Main | 子どものほうが環境に敏感−あとは・・・ »

Comments

何だかオリンピックの世界記録更新に重なるのですが…。
もちろん、そんなに簡単に合成出来ないのは理解できますが、寿命がこんなに短いと、合成する意味があるんだろうか、と思うのは素人考えかな?

Posted by: Sana | 2004.09.29 at 10:25 AM

実用性につながるかという意味ではないでしょうね(笑)

合成することによって多少の知見は得られるでしょうが。世界記録の更新にたとえるのは当たってるかもしれません。

Posted by: Fum | 2004.09.29 at 08:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/1546358

Listed below are links to weblogs that reference 新元素発見−ニッポニウムの無念を晴らせるか:

» 113番元素の合成のニュース [Aquarian's Memorandum]
理化学研究所が113番元素の加速器による合成に成功したとのニュース。まずはめでたいが、そのための設備、実験規模に驚く。加速器を80日運転して、一個の原子核を創り... [Read More]

Tracked on 2004.09.29 at 04:46 PM

» 理化学研究所が新元素発見 名前は「リケニウム」? [ケムステニュース]
日本人が、初めて新種の元素を発見した。今のところ、見つけたのは、陽子113個を含む(原子番号113)新元素の原子核1個だけだが、実験を重ねて確実性が認められれば... [Read More]

Tracked on 2004.10.11 at 06:41 PM

« 一般向け宇宙観光旅行−100分の1のディスカウントです | Main | 子どものほうが環境に敏感−あとは・・・ »