« 宇宙からみたハリケーン−凄まじさを実感! | Main | 2050年には日本の真夏日は100日以上−移住するにはどこがいいでしょうか »

2004.09.17

口の粘膜から角膜再生

角膜移植を待つ人は全国で数千人にのぼるといわれています。

YomiuriONLINEより「口の粘膜から角膜再生、視力回復に成功

 口の粘膜の細胞を培養して作った角膜を移植し、角膜が損傷した患者の視力を回復させることに、大阪大病院眼科の西田幸二講師らのグループが成功した。患者自身の細胞を使うので拒絶反応はなく、角膜移植に代わる治療法として、実用化に一歩近づいたと言えそうだ。16日発行の米医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に発表した。

今回の実験に参加した人は4人。抗生物質の副作用などで角膜が損傷し視力が低下した人たちです。

 口の粘膜細胞には、角膜の上皮組織のもとになる幹細胞が多く含まれている。西田講師らは、患者の口から2―3ミリ角の粘膜を取り出し、ガラス皿で2週間培養してシート状の角膜上皮を再生させた。

移植して1年後には視力は0.01以下だった患者2人が0.07と0.2に、0.01だった患者2人が0.4と0.8に回復したそうです。今後3年間は経過をみて移植した角膜上皮が根付くかどうか確かめるそうですが、角膜移植にかわる新しい治療法として実用化に大きく前進したようです。

幹細胞や再生医療の研究はここのところ急ピッチで成果が発表されています。最近の例でも

こんなの見てたら人体そのものの再生も簡単にできるんじゃないかと思ってしまいますね(笑)

|

« 宇宙からみたハリケーン−凄まじさを実感! | Main | 2050年には日本の真夏日は100日以上−移住するにはどこがいいでしょうか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/1453865

Listed below are links to weblogs that reference 口の粘膜から角膜再生:

» 口の粘膜から角膜再生、視力回復に成功 [メモログ]
Yomiuri on-line:口の粘膜から角膜再生、視力回復に成功 幹細胞とは俗に万能細胞とも呼ばれ、細胞分裂・増殖をすることで筋肉や骨、血液、脂肪細胞など... [Read More]

Tracked on 2004.09.17 at 01:47 PM

« 宇宙からみたハリケーン−凄まじさを実感! | Main | 2050年には日本の真夏日は100日以上−移住するにはどこがいいでしょうか »