« 集中豪雨の危険ますます増加−気象庁シミュレーション | Main | 世界の人口63.7億人−日本は第9位 »

2004.09.16

紀伊半島沖地震の伝播アニメーションで−自然の力実感

先日の紀伊半島南東沖の地震の伝播の様子が手に取るようにわかります。

Yahoo!NEWSより「紀伊半島沖地震の揺れ再現 地震波の広がりを動画で」(共同通信)

 5日夜に起きた紀伊半島南東沖の地震で、東北地方南部から九州までの広い範囲に地震波が伝わり、日本列島に揺れが広がる様子を再現した動画を防災科学技術研究所(茨城県つくば市)がコンピューターで作製し、15日発表した。

地震の伝播の様子がアニメーションで示されています。

動画は防災科学技術研究所のサイトからダウンロードできます。

紀伊半島沖で発生した地震が数分後には北海道まで届いています。こういう風に視覚的に見せられると不謹慎ですがなにか新鮮なものを感じます。でもちょっと無機質かな。

 同研究所は全国に設置した高感度地震計の観測データを解析し、地震波の伝わる様子を再現。紀伊半島から始まった大きな揺れは同心円状に広がり、東北南部や九州にまで達していた。

右側には2003年にほぼ同じ場所で発生した震源の深さ400kmの地震の様子も示されています。

<参考>独立行政法人防災科学技術研究所


|

« 集中豪雨の危険ますます増加−気象庁シミュレーション | Main | 世界の人口63.7億人−日本は第9位 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/1446056

Listed below are links to weblogs that reference 紀伊半島沖地震の伝播アニメーションで−自然の力実感:

« 集中豪雨の危険ますます増加−気象庁シミュレーション | Main | 世界の人口63.7億人−日本は第9位 »