« 失読症の損傷部位は英語圏と漢字圏ではことなる | Main | 600万年前に二足歩行−CTでスキャンされた骨 »

2004.09.03

英国発−お弁当には糖分・塩分・脂肪がいっぱい

子どもの幼稚園を決めるときに給食かお弁当かは大きな問題のようです。僕が作るわけではないので全く人ごとのようですが(笑)。

UK Todayより「手作りのお弁当、健康にいいはずが、実は糖分、塩分、脂肪がいっぱい!

英国では新学年が始まるのは9月。そのスタートとともにお弁当作りも始まり、メニュー作りに頭を悩ませる親も少なくないが、子供たちのお弁当の4つに3つが、政府の定める栄養基準に達していないという事実が、食品基準局の行った調査の結果明らかになった。

イギリスの話を日本にあてはめるのも強引かもしれませんが、日本でも同じようなことがいえるのではないでしょうか。

食文化についてあまり話を聞いたことがないイギリスほどではないかもしれませんが。

イングランドの28校に通う子供たち688人を対象に、親が持たせるお弁当の中身を調査した結果、これらの昼食に含まれる糖分や塩分、脂肪などが1年前より増え、特に飽和脂肪や糖分は子供の一日あたり推奨摂取量の2倍にも達するケースがみられ、これらのお弁当は学校で提供される昼食よりも健康的とは言い切れないことが指摘された。

日本でも各所でお弁当か給食かの論議が行われています。栄養バランスを考えてある給食でも最近は残すことが許されるようですから、嫌いなものを残せば栄養バランスも偏るでしょう。かといって、お弁当でも手を抜いて作れば栄養の偏りは当然大きくなります。

最初は気合いのはいるお弁当づくりも毎日のことでは・・・と思ってしまいますし、共働きの家庭などでは朝の忙しい時間、なかなかそこまでは手が回らないでしょう。

一度も作ったことのない僕がいえる立場じゃないというのが本当かもしれません(笑)

|

« 失読症の損傷部位は英語圏と漢字圏ではことなる | Main | 600万年前に二足歩行−CTでスキャンされた骨 »

Comments

お弁当にすると、生野菜とか、海草とか、ある種の食材が使いにくいですし、お肉とかお魚も結構油で揚げてしまうことが多いです(その方が簡単だし、いたみにくいから)。私も週1でお弁当を作っているのですが、冷凍食品にも頼らざるをえないし、おかずがワンパターンになりやすい。糖分はそうでもないけど、塩分と脂肪はかなり多いだろうなあ、と反省してます。

来年からは子供もお弁当になります。うーん、手を抜かないように少しは気を付けよう…。

Posted by: Sana | 2004.09.03 at 07:32 AM

うちの子どもは毎日お弁当ですが、やっぱり揚げ物が多いようです。

いえいえ決して妻にいってるのではありません(笑)

Posted by: Fum | 2004.09.04 at 01:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/1345152

Listed below are links to weblogs that reference 英国発−お弁当には糖分・塩分・脂肪がいっぱい:

« 失読症の損傷部位は英語圏と漢字圏ではことなる | Main | 600万年前に二足歩行−CTでスキャンされた骨 »