« 酸っぱいものを甘く変える−Part2 | Main | アメンボロボ、見事に浮かんだ »

2004.09.12

バスやギル、商品化進む

ブラックバスを食べたことがありますが、きれいな水に住んでるバスなら美味しいです。近所の川のは食べる気がしませんが(笑)

京都新聞より「琵琶湖の「嫌われ者」を商品化 外来魚を使った商品開発が活発

 滋賀県新旭町のたい肥製造「美濃部」の作業場。(中略)同社は今春から、ブルーギルやブラックバスを使った特殊肥料「びわ湖フィッシュパワー」の本格製造を始めた。減農薬農業と障害者雇用の両立を目指すNPO法人(特定非営利活動法人)「びわ湖ベジタブルロード」の一員で、会員の有機栽培農家から「外来魚でカルシウム豊富な有機肥料ができないか」と持ちかけられ、開発した。

ブルーギルやブラックバスは外来魚として滋賀県では再放流を禁止し、釣り客が釣った外来魚と地域通貨の「ありがとう券」を交換するという試みを行っています。今年などはすでに予定分を交換し終える勢いのようです。

この会社が原料として使っているのは県の回収分。今年は30トンの外来魚を引き取る予定だそうです。

 外来魚から農作物用の成長促進剤を開発したのは、守山市の紙器製造「山本紙工」。立命館大との連携でブルーギルに寄生する微生物を使い、ブルーギルのタンパク質を短時間で分解、植物の成長を促進するアミノ酸などを取り出すことに成功した。

彦根市の炭製造「紙炭」と親会社の紙製品製造「鈴木松風堂」(京都市中京区)は、県東北部工業技術センターと共同で今年6月、ブラックバスやブルーギルを炭化した脱臭剤を開発した。

食材などに利用しているところもありますが売れ行きはいまひとつのようです。やはりイメージが・・・(笑)。

でも滋賀県の狙いは琵琶湖からの外来魚一掃ですから、やがて商売がたち行かなくなるんじゃと心配してしまいます(笑)。でも生命力のある外来魚ですし。

ちなみに琵琶湖のブルーギルのもととなったのは1960年に日米修好百年記念式典で訪米された皇太子殿下(今上天皇)が、シカゴ市長より贈られたもののようです。

|

« 酸っぱいものを甘く変える−Part2 | Main | アメンボロボ、見事に浮かんだ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/1415203

Listed below are links to weblogs that reference バスやギル、商品化進む:

« 酸っぱいものを甘く変える−Part2 | Main | アメンボロボ、見事に浮かんだ »