« 2050年には日本の真夏日は100日以上−移住するにはどこがいいでしょうか | Main | ギネス認定、世界一の癒しロボットリース開始 »

2004.09.18

交通違反をしただけでDNAが警察に登録されるのか?

個人情報の取り扱いが保護法案もでき慎重になっている今、DNAは最大の個人情報なのですが、

Yahoo!NEWSより「DNAをデータベース化へ=容疑者特定に効果期待−警察庁」(時事通信)

 警察庁は17日までに、犯罪現場で採取した血液や毛髪などのDNA型情報をデータベース化する検討を始めた。

指紋のデータベースのかわりにDNAデータベースを構築する意向です。DNAデータベースは米国、ドイツ、イギリス、ノルウェー、フィンランド、ベルギー、デンマーク、カナダなどの国ですでに採用されています。

DNAの型分類の検査方法が確立され、DNAチップ解析装置など設備が低コストになってきたことが主な理由でしょう。

保存してある情報の活用により、容疑者特定に向けた効果を期待している。今後、専門家の意見を聞くとともに、既にデータベース化している英国や米国の実態を調べ、数年後の導入を目指す。

ただDNAは調べようによっては、人種、病歴、将来的な病気の危険性、出自など完全なる個人情報を読み取ることができます。導入している各国では、DNAのうち生物学的に重要でない部分、いわゆるジャンクDNAだけをデータベース化しているようですが犯罪捜査に有効とあれば識別マーカーを増やしDNAから犯人像を特定したりするようなことも検討されるんじゃないでしょうか。

遺伝子による差別はまだ重大な問題として認識はされていないようですが、個人のDNAを警察が管理するというのは抵抗があります。

そのうち携帯式のDNAスキャナーも出回るようになるでしょうし。今後は交通違反をしただけで、「ちょっと口を開けてください。細胞を採取しますんで」なんていわれるかも(笑)。

|

« 2050年には日本の真夏日は100日以上−移住するにはどこがいいでしょうか | Main | ギネス認定、世界一の癒しロボットリース開始 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/1460649

Listed below are links to weblogs that reference 交通違反をしただけでDNAが警察に登録されるのか?:

« 2050年には日本の真夏日は100日以上−移住するにはどこがいいでしょうか | Main | ギネス認定、世界一の癒しロボットリース開始 »