« 口の粘膜から角膜再生 | Main | 交通違反をしただけでDNAが警察に登録されるのか? »

2004.09.17

2050年には日本の真夏日は100日以上−移住するにはどこがいいでしょうか

わが家では暑がりが僕、娘(5歳)、息子(4歳)の3人。寒がりが妻。今年の夏は寝るときにエアコンをかける、かけないで大げんかの毎日でした(笑)

Asahi.comより「「21世紀末に真夏日が年100日以上」東大など予測

 21世紀末の日本では、最高気温が30度を超える真夏日が年間100日を超える、などとする地球温暖化による気候変化の見通しを、東大気候システム研究センターと国立環境研究所などの合同チームがまとめた。

計算は2100年の二酸化炭素濃度が世界的な経済重視政策で現在の1.9倍になるシナリオA1Bと、環境を重視した政策をとり現在の1.4倍になるシナリオB1の2つを想定。その結果、2070−2100年の30年間の夏の平均気温は20世紀末に比べA1Bで4.2℃、B1でも3.0℃上昇。気温が30℃をこえる真夏日は120−140日になるとのこと。これじゃ熱帯です。

 研究には横浜市にある世界最速のスーパーコンピューター「地球シミュレーター」が使われ、地球全体の大気と海洋を、それぞれ100キロと20キロ四方の格子状に分割して分析した。同チームは「気候変化のメカニズムも含めて、ある程度自信が持てる試算ができたが、平均気温の上昇値などには不確実性が残り、幅がある」としている。

計算機能力が向上し、モデルもずいぶんと現実的になってきていますので以前に比べるとずいぶんと実用的なシミュレーションができていると思います。メッシュも陸地100km、海洋20kmということですし。ただ気象シミュレーションにはまだまだ勘案しなければいけない条件が多く残っていますし、何分カオス的な部分もありますのでどこまで正確かという評価は難しいところでしょうが。

でもこりゃ本気でフィンランドあたりに移住したくなってきた(笑)

<参考>国立環境研究所東京大学気象システム研究センター

|

« 口の粘膜から角膜再生 | Main | 交通違反をしただけでDNAが警察に登録されるのか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17506/1453988

Listed below are links to weblogs that reference 2050年には日本の真夏日は100日以上−移住するにはどこがいいでしょうか:

« 口の粘膜から角膜再生 | Main | 交通違反をしただけでDNAが警察に登録されるのか? »